【J1ベストイレブン】MVPはチームに歓喜を呼び込んだ横浜FCの守護神! 好調を維持する清水の原は2節続けての選出|22節

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年07月14日

【今節のベストイレブン】の採点&寸評

【今節のベストイレブン】
THIS WEEK MVP
GK
44 六反勇治(横浜FC)7●2回目

よく声を出してチームをリード。63分にはビッグセーブでチームを救って勝利に大きく貢献。

DF
4 原 輝綺(清水)7●2回目

開始2分、片山のロングスローから生まれたルーズボールを、ダイレクトで振り抜き、2試合連続のゴールを決めた。また、19分の徳島のオウンゴールを誘うプレーにも絡み、ボールを奪取した後の攻撃参加では徳島を苦しめ続けた。全得点に絡み、アウェーでの勝点1獲得に大きく貢献し、本日のMOMに。

14 エンリケ・トレヴィザン(大分)6.5●2回目
前線からチェイシングができるように高い位置に最終ラインを設定。最終局面で身体を張ったブロックで得点を阻止した。

3 三竿雄斗(大分)6.5●初選出
出場停止明けで強い思いを感じた。前半から攻守にアグレッシブな姿勢を貫いた。43分にはボールを奪い、そのまま持ち上がりチャンスを作った。

25 真瀬拓海(仙台)7●初選出
ここ最近高まっていたゴール前でシュートまで持ち込む意識が実り、赤﨑のクロスを見事ゴールに押し込んだ。後半にも惜しいシュートを放つなど、攻撃面で相手の脅威となった。守備でもよく走って身体を張り、勝点1奪取に大きく貢献した。

3 袴田裕太郎(横浜FC)6.5●初選出
広島の柏が逆サイドから流れてきた時にマークが曖昧になる場面あったが、集中して対応し続けた。
 
MF
8 ヒシャルジソン(柏)6.5●初選出

セカンドボールをよく拾い、2次攻撃につなげた働きぶりは評価に値。ボール奪取後にはオフェンスの推進力をもたらし、49分にはクリスティアーノのチャンスに関わった。

8 町田也真人(大分)7●2回目
長沢、小林との距離感がよく、ギャップでパスを受けて急所をついた。先制ゴールはGKの立ち位置を見て冷静にヘディングでコースを狙った。

10 渡井理己(徳島)7●初選出
13分、ゴール正面で岩尾からボールを受け、ワントラップから右足を振り抜きゴール左隅に無回転の美しいゴールを決めた。

FW
23 ペドロ・ハウル(柏)7●2回目

ポストプレーで大きく貢献。手も含めて身体を上手く使い、何度もボールを収める様はまさに“動く城”のようで、圧巻のキープ力だった。しかも57分には大南のクロスに合わせてネットを揺らす。内容も結果も充実のパフォーマンスだったため、MOMに選んだ。

45 オナイウ阿道(横浜)7●4回目
ゴールも素晴らしいが、それ以外の場面でも上質な雰囲気を醸し出す。余裕がプレーに表われている。

※選手名の左の数字はクラブでの背番号。右は今節の採点。
採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
●は今シーズンのベストイレブン選出回数。
 
構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】J1第22節“ベストイレブン”に選出された11人を厳選ショットで紹介!
 
【関連記事】
【セルジオ越後】後半のペースダウンは大きな課題…「金メダルを目指す」って王者みたいな雰囲気だけど大丈夫?
国際的にも希少な剛柔自在のストライカー林大地。1トップのスタメン有力候補に名乗り
【ホンジュラス戦|戦評】前半と後半はまるで別のチーム。五輪本番に向けて課題が浮き彫りになったのが“最大の収穫”
EUROも示唆…五輪はベストメンバーだけで絶対に勝ち抜けない大会。メダル獲得に必要なビジョンとは?
「色っぽい…」なでしこ塩越柚歩が披露した“肌見せ”初モデルショットにファン大反響!「攻めましたね」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月10日号
    1月27日発売
    通算1500号!
    J1&J2全40クラブ
    戦力充実度ランキング
    現陣容の期待度は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月20日発売
    スーパー上昇タレント!
    ゴールデンボーイ番付
    W杯&移籍市場の
    主役候補はこの男たち!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ