【セルジオ越後】後半のペースダウンは大きな課題…「金メダルを目指す」って王者みたいな雰囲気だけど大丈夫?

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年07月13日

五輪はちょうど梅雨が明ける頃に開幕…もっと暑くなるし、ペース配分が課題になる

堂安の2ゴールで最後はホンジュラスを突き放した日本だが、後半は押し込まれる場面も見られた。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

 東京五輪に臨むU-24日本代表がテストマッチのホンジュラス戦に臨み、3対1で勝利を収めた。立ち上がりからイケイケの感じで入って、相手につけ入る隙を与えないようなプレスで勢いのままに先制点を奪って、2点目もいいつなぎから堂安がゴールを決めた。もう少しゴールを決められたようにも思うけど、前半は圧倒的にホンジュラスを攻め立てた。

 ところが前半のハイペースが祟ったせいか、後半はバテてしまい、ホンジュラスに反撃を許してしまった。久保くんは明らかにペースが落ちていたし、堂安も3点目を決めた後は足が攣りそうになっていた。前半に2点取れたから良かったものの、相手に粘られていたら、危なかったかもしれないね。五輪はちょうど梅雨が明ける頃に開幕するから、もっと暑くなるし、その辺りのペース配分は大きな課題になったんじゃないかな。

 ただ、それを差し引いても、ホンジュラスはやはりそこまで強い相手じゃなかった。もちろん、身体の寄せ方やボール際での粘りは、6月シリーズのガーナやジャマイカよりも良かったけど、攻撃面ではほとんど日本を脅かすことができていなかった。本当にこういう相手ばかりの五輪ならありがたいけど、メキシコもフランスももっと強い相手だと思っておいた方がいいだろうね。
 
 また攻撃面では、堂安が随分と前線のスペースに走り込んでゴールを狙うシーンが多かった。終盤の3点目のシーンは、疲れの出る時間帯でよくスプリントして流し込んだよ。堂安はA代表で大迫が真ん中にいる時は、サイドに張っていることが多いけど、U-24ではFWが動き回るタイプが多いから、前に出て行くことが多い。ただ、この6月以降の相手は、堂安だけでなく2列目が入れ替わって前線に顔を出すような感じになっている。やはり相手を圧倒できればそうした攻撃の流れになるだろうが、強い相手にはどうなるのか気になるところだよ。

 後半は反撃を食らったけど、終わってみれば3-1で快勝という流れ。だけど楽観視は禁物だよ。オリンピックは圧倒して勝てるような相手ばかりじゃない。それを肝に銘じておくべきだ。
 
【関連記事】
金田喜稔がホンジュラス戦を斬る!「前半は完璧。ただ後半は…。ゲームコントロールの再整理が必要だ」
【U-24日本3-1U-24ホンジュラス|採点&寸評】“仮想メキシコ”に快勝! 2発のエースとCBの2人を高評価
「とんでもない化け物」吉田麻也が脱帽したストライカーを内田篤人が明かす!「こいつはマジでナンバーワン」
日本を救った堂安。ホンジュラス戦の3点目の価値は極めて高かった【編集長コラム】
後半にガクッと落ちたホンジュラス戦のペース配分の狙い。森保一監督が語った五輪本番へのピークの持っていき方

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月27日号
    1月13日発売
    J1&J2全40クラブの
    最新陣容
    各クラブの気になる
    刷新ポイントは?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月20日発売
    スーパー上昇タレント!
    ゴールデンボーイ番付
    W杯&移籍市場の
    主役候補はこの男たち!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ