【ホンジュラス戦|戦評】前半と後半はまるで別のチーム。五輪本番に向けて課題が浮き彫りになったのが“最大の収穫”

カテゴリ:日本代表

江國 森(サッカーダイジェストWeb編集部)

2021年07月13日

前半は「このチームはメダルが取れる」と思わせてくれる内容

前半は猛然とプレスをかけ続けた田中も、後半は疲労が見え、やや精度が落ちた。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

 まるで別のチームのようだった。

 東京五輪の開幕を目前に控えたU-24日本代表は7月12日、U-24ホンジュラス代表と親善試合を戦い、3-1で勝利した。

 アジア・チャンピオンズリーグ出場組と故障明けの選手がいるなか、現状で組めるベストのメンバーを送り出すと、立ち上がりから高いインテンシティを保ち、素早い攻守の切り替えで本番のグループステージ第2戦で当たるメキシコを仮想した相手を圧倒した。

 開始13分にセットプレーから吉田麻也が先制ゴールを挙げると、40分にボール奪取からそのまま持ち上がった冨安健洋が、クロスを送り込み、林大地のポストプレーから堂安律が追加点を奪取。前半はシュート0本に抑え込み、敵将ミゲル・ファレロも「相手のインテンシティが高かった。プレスに押され、ボールを運ぶことすらできなかった」と日本の強度の高さを認めている。

 五輪に出場するホンジュラスを一方的に押し込んだ前半は、「このチームはメダルが取れる」と思わせてくれる内容だった。

 しかし、だ。後半に入ると急激にペースダウンし、ミスも多くなる。ハーフタイムに5人の選手交代を行なって“蘇生”したホンジュラスに押し込まれる時間帯もあり、66分にオウンゴールを献上。吉田麻也、酒井宏樹、遠藤航のオーバーエイジ3人が揃って出場した試合では、初めての失点だ。

 85分に堂安が3点目を挙げて勝負を決めたものの、完勝ムードから「どちらに転ぶかわからない」試合にしてしまった。

「計算どおりだったとは言えないが、選手たちにはペース配分をあまり考えず、まずはいま持っているものを見せて欲しいと話した」

 森保一監督のこの言葉から、本番へ向けたコンディションのチェックという意味合いもあり、「いけるところまで飛ばしていく」というプランだったのが分かる。ただ、ペースダウンが“想定内”であったならば、そうなった時にどうすべきか。事前に意識を共有しておく必要性があっただろう。

【動画】見事な連係から奪った「神ゴール過ぎる」堂安の追加点をチェック!
 オウンゴールを献上した冨安健洋は、「前線に縦パスが入ったあと、行けたとしてもちょっと待って、ボランチに下げたり、サイドに深く押し込んだりして、相手陣内でボールを回す時間を作らないと、やっぱりきつい」と語っている。

 無理に入れた縦パスを入れてカットされ、逆襲を受ける場面も散見された。2点差をキープして時間を進めるのか、3点目を奪って試合を決めるのか。選手によって意識が違っていたように思えた。

 ただ、これはあくまでテストマッチだ。しかも、結果的に3-1で勝利している。「高い授業料を支払わず」に、本番に向けて良い経験ができたと見るべきだろう。

 厳しい暑さと、ほぼ中2日という過密スケジュールのなか、この前半のような強度でずっと試合を進めるのは難しい。ペースが落ちてきた時に意識を共有し、どのような試合運びをするか。6月シリーズでは力の差があり過ぎて浮き彫りにはならなかったこの課題が、大会前に再認識できたのは最大の収穫と言えるかもしれない。

 先発に抜擢された林大地と三好康児の好パフォーマンスを含めて、プラス材料が少なくないゲームだった。キャプテン吉田の言葉を借りれば、「良いプロセスを踏めている」のではないだろうか。

構成●江國森(サッカーダイジェストWeb編集部)
  
【五輪代表PHOTO】ヨドコウ桜スタジアムに駆けつけた日本代表サポーターを特集!
【関連記事】
【セルジオ越後】後半のペースダウンは大きな課題…「金メダルを目指す」って王者みたいな雰囲気だけど大丈夫?
【U-24日本3-1U-24ホンジュラス|採点&寸評】“仮想メキシコ”に快勝! 2発のエースとCBの2人を高評価
「ボールを運ぶことすらできなかった」U-24日本代表の強さにホンジュラス指揮官も脱帽!
「素晴らしい集団プレーを前に…」ホンジュラス・メディアが日本の五輪チームに脱帽!「DFを切り裂かれた」
「日本相手の敗北は、力になる」東京五輪のGSでホンジュラスと同居の韓国、隣国の強化試合を注視!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ