【J1ベストイレブン】MVPはチームに歓喜を呼び込んだ横浜FCの守護神! 好調を維持する清水の原は2節続けての選出|22節

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年07月14日

浦和に完封勝利の大分から最多3選手をチョイス

【22節のベストイレブン】

画像を見る

 J1リーグは7月10、11日に第22節の7試合を各地で開催した。なお同節は、ACL出場チームの1試合がすでに行なわれ、残り2試合が今後に予定されている。ここでは、今週末に行なわれた7試合からサッカーダイジェストWeb編集部が選定したベストイレブンを紹介していく。

 今節の主役はビッグセーブでチームを救った横浜FCのGK六反勇治だ。

 広島戦で先発した六反は、1点リードで迎えた63分、青山敏弘とのコンビネーションから抜け出してきた鮎川峻と1対1の局面を迎えるが、右足を伸ばしてこれをセーブ。その後も攻め込まれる展開を凌ぎ切り、8試合ぶり今季2度目の白星を勝ち取った。文字通り守護神としてチームを救った六反を今節のMVPに選出した。

 同じく横浜FCからは、相手に翻弄されながらも集中を切らさず完封勝利に貢献した袴田裕太郎もチョイスした。

 浦和を完封した大分からは最多3選手をピックアップ。エンリケ・トレヴィザンは高い位置に最終ラインを設定し、最終局面で身体を張ったブロックで得点を阻止。三竿雄斗は攻守にアグレッシブな姿勢を貫いた。そして町田也真人は、ギャップでパスを受けて相手を翻弄、決勝弾もマークした。
 
 復調の足がかりになるような好ゲームで鹿島を下した柏からは2選手を選んだ。ペドロ・ハウルは、まさに“動く城”のような圧巻のキープ力でポストプレーで大きく貢献し、決勝弾も記録。ヒシャルジソンはセカンドボールをよく拾い、2次攻撃につなげた。

 そのほか、清水の原輝綺は2試合連続ゴールで、2節続けてのベストイレブン入り。その清水と引き分けた徳島の渡井理己は芸術的なミドルシュートを決め、反撃ムードを盛り上げた。仙台の真瀬拓海はここ最近高まっていた攻撃姿勢が実を結び、J1初ゴールで勝点1をもたらした。横浜のオナイウ阿道はドンピシャヘッドでネットに突き刺した追加点のみならず、攻撃陣をリードするプレーも評価した。

【動画】2021年J1リーグ第22節、編集部厳選ベストイレブン!
 
【関連記事】
【セルジオ越後】後半のペースダウンは大きな課題…「金メダルを目指す」って王者みたいな雰囲気だけど大丈夫?
国際的にも希少な剛柔自在のストライカー林大地。1トップのスタメン有力候補に名乗り
【ホンジュラス戦|戦評】前半と後半はまるで別のチーム。五輪本番に向けて課題が浮き彫りになったのが“最大の収穫”
EUROも示唆…五輪はベストメンバーだけで絶対に勝ち抜けない大会。メダル獲得に必要なビジョンとは?
「色っぽい…」なでしこ塩越柚歩が披露した“肌見せ”初モデルショットにファン大反響!「攻めましたね」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ