「なぜ川崎出身の選手が多いか? 板倉や三笘は…」MF三好康児が語る東京五輪代表の“現在地”と大会への想い【インタビュー/後編】

カテゴリ:海外日本人

江國 森(サッカーダイジェストWeb編集部)

2021年05月24日

「薫は『自己中過ぎるよ。パス出せよ』と言われていた時も…」

川崎の下部組織で育った三好。同じく五輪代表候補の板倉や三笘は旧知の仲だ。(C)Getty Images

画像を見る

――久保選手と三好選手のほか、三笘(薫)選手、板倉(滉)、田中碧選手と、その
U-24アルゼンチン代表戦には、フロンターレの育成出身の選手が5人も選出されています。良い選手を輩出できる理由があるんでしょうか。


「とくに板倉や三笘は小学生の時からユースまで一緒にやっていたので、自分たちの中でも常に競争意識があるというか、口にはしないですけど、お互いが活躍することが刺激にはなっている。ただ、なぜ輩出できるかとなると、分からないですね。たくさんいるな~とは思いますけど(笑)」

――当時の三笘選手はどんな印象だった?

「薫は小学校高学年ぐらいから高校まで、一個上の自分たちとも一緒にやっていました。当時から自分で運べる選手でしたし、相手をかわすのは元々秀でていたので、今とそんなに変わってないですね。

 ただ、より怖い選手になったというか、ボール持てばゴールまで向かえる選手になったと思います。ユースの時はドリブルし過ぎて、『お前、自己中過ぎるよ。パス出せよ、取られるのに』みたいに言われていた時もありました。そういうのを続けていく中で、怖さが身に付いたんだと思います」

――アルゼンチン戦の初戦では、2列目の両サイドに入りました。一緒にプレーしてどうでしたか?

「五輪世代の代表でたまにプレーをすることはありましたけど、その時はまだ大学生だったので、プロになってからは初めてでしたね。プロになって結果を残してる中で、自信持って試合に挑んでるなと思いましたし、一つのプレーのインパクトだったり、ゴールまで向かう怖さだったりはより成長してるなと思いましたね」
 

――五輪本番では、南アフリカ、メキシコ、フランスとの対戦が決まりました。率直な感想は?

「やるからには強い相手とやりたかったので、グループステージで戦えるのはすごく嬉しいですね」

――ベルギーにはフランス系の選手も多いのでは?

「そうですね。その辺の特徴は、こっちでやってる分、わかりやすい部分はある。ただ、同じ国の選手がいるからといって、本番に出てくるタレントとは全然違うと思うので、そこは改めて分析をして、自分たちがどう戦うのが有効なのか考えないといけないですね」
 

【関連記事】
「自分で突破できると思っても…」五輪世代・三好康児が明かすベルギーと日本の“違い”【インタビュー/前編】
元日本代表FW城彰二が五輪のオーバーエイジ枠に持論!「絶対反対」「ふざけんなって話」
【U-24日本代表最新序列】オーバーエイジ3人の招集でスタメンはどう変わる? 激戦区の2列目は…
「他のチームとは違う」久保建英がヘタフェの“内情”を衝撃告白!
「日本人はミスをするくらいなら…」伊東純也がみせた優勝後の振る舞いに、現地メディア注目「彼は喜んでいたのか?」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ恒例企画
    1月26日発売
    2023年度版
    J1&J2全40クラブ
    戦力充実度ランキング
    各スカッドの期待度は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト まもなく再開のCLを特集!
    2月2日発売
    完全保存版
    チャンピオンズリーグ全史
    激闘の記憶を徹底網羅
    最新ベスト16展望も!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.38
    1月13日発売
    岡山学芸館が初優勝!
    第101回高校選手権
    決戦速報号
    全47試合を完全詳報
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ