• トップ
  • ニュース一覧
  • 【J1採点&寸評】徳島0-0名古屋|無得点も徳島は充実の内容。MOMは節目のゲームを迎えたストライカー

【J1採点&寸評】徳島0-0名古屋|無得点も徳島は充実の内容。MOMは節目のゲームを迎えたストライカー

カテゴリ:Jリーグ

岡本浩行

2021年05月23日

徳島――満足のいく内容に、指揮官の声のトーンも高かった

MF
7 小西雄大 6.5(90+2分OUT)

最終ラインの裏側へ絶妙なパスを繰り出すなど、らしさが光ったいいゲームだった。80分には、得点こそ奪えなかったが、左足から放たれる強烈なミドルシュートも見せた。

FW
MAN OF THE MATCH
11 宮代大聖 6.5(84分OUT)

Jリーグ通算50試合出場の節目のゲームとなった。トップ下での多彩なパス回しと、エリア付近でのシュートセンスは異彩を放っていた。

45 杉森考起 6.5(84分OUT)
古巣の名古屋相手に、序盤から闘志剥き出しでゴールに迫った。17分には、DFに阻まれるものの、エリア内左45度から素晴らしいシュートを放った。

19 垣田裕暉 5.5(84分OUT)
思うようにボールを持たせてもらえなかったが、常に前への意識を絶やさなかった。 
 
交代出場
MF
38 クリスティアン・バトッキオ 6(74分IN)

鈴木徳真に代わって入ったが、いい流れをキープしたまま、最後まで攻めと守りのバランスをとっていた。

MF
10 渡井理己  ―(84分IN)

後半アディショナルタイムの決定的なチャンスを決めきれなかった。

MF
33 藤原志龍 ―(84分IN)

残りが少ない時間帯での出番ではあったが、彼らしいドリブルが随所に見えた。

FW
18 佐藤晃大 ―(84分IN)

90分、カウンターから決定的な好機にゴール前へ飛び出すが、一足及ばずゴールを奪えなかった。

DF
20 福岡将太 ―(90+2分IN)

クローザーとして投入。最後まで名古屋の支配を許さず、勝点獲得に貢献。

監督
ダニエル・ポヤトス 6

最終ライン3枚の助っ人のコンビネーションも、ここにきてようやく機能し始め、ホームゲーム初勝利をかけた試合でドローという結果にも、満足のいく内容に声のトーンが高かった。

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。
 
【関連記事】
【名古屋|歴代レジェンド格付け】トップ3は異論なし!“ミスターグランパス”と呼びたいのは…
誰もいないピッチで黙々とランニング。浦和の背番号1、プロとしての矜持【厳選フォト】
「イケメン揃い」「みんないい顔や!」川崎ロッカールームで得点者たちが笑顔のスリーショット!投稿したのは…
浦和、鈴木彩艶が川口能活の記録に並ぶJデビューから3試合連続無失点を達成!「守備陣に助けられることも多かった」
「チームを救った」残留決定弾の堂安&PK獲得の奥川、日本人コンビの活躍を現地メディアが高評価!

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ