• トップ
  • ニュース一覧
  • 【J1採点&寸評】徳島0-0名古屋|無得点も徳島は充実の内容。MOMは節目のゲームを迎えたストライカー

【J1採点&寸評】徳島0-0名古屋|無得点も徳島は充実の内容。MOMは節目のゲームを迎えたストライカー

カテゴリ:Jリーグ

岡本浩行

2021年05月23日

徳島――最終ライン3枚の助っ人のコンビネーションも向上

【警告】徳島=鈴木(51分)、ドゥシャン(59分) 名古屋=木本(38分)
【退場】徳島=なし 名古屋=なし
【MAN OF THE MATCH】宮代大聖(徳島)

画像を見る

[J1リーグ15節]徳島0-0名古屋/5月22日(土)/鳴門・大塚

【チーム採点・寸評】
徳島 6.5

得点こそ入らなかったが、今シーズンのベストゲームと言ってもいい内容。最終ラインの統制もここにきてバランスが取れてきた。オフェンス陣も奮戦したが、やはり勝点3を取れなかったのは痛い。

【徳島|採点・寸評】
GK
21 上福元直人 6

ディフェンスの裏を突くパスにも冷静に対応し、終始危なげない守りをした。

DF
15 岸本武流 6.5

自陣でのカウンターの芽を摘むディフェンスが光った。特に、五輪代表候補の相馬に仕事をさせなかった働きは高く評価したい。

3 ドゥシャン 6.5
自陣深くから前線への正確なロングパスなど、チャンスに繋がる働きをしていた。また、柿谷を自由にさせない守備を見ても、彼の持ち味を十分発揮できた試合だったと言えるだろう。
 
14 カカ 6.5
多くのセカンドボール回収し、名古屋に決定機を作らせなかった。また、難しい軌道のボールの対処も確実で、最後まで最終ラインに安定感をもたらした。

4 ジエゴ 6
攻守にわたり大車輪の働きは今日も健在。カカとのコンビもここにきて安定感を増してきた。

MF
8 岩尾 憲 6.5

彼を起点としたピルドアップが、今節も徳島に勢いをつけた。得点こそ奪えなかったが、ミドルレンジからの強烈なシュートも印象に残った。

23 鈴木徳真 6(74分OUT)
中盤でボールを細かく回収し、名古屋に中央での支配を許さず、枠を捉えたミドルシュートも放った。終盤にバトッキオと交代する。
 
【関連記事】
【名古屋|歴代レジェンド格付け】トップ3は異論なし!“ミスターグランパス”と呼びたいのは…
誰もいないピッチで黙々とランニング。浦和の背番号1、プロとしての矜持【厳選フォト】
「イケメン揃い」「みんないい顔や!」川崎ロッカールームで得点者たちが笑顔のスリーショット!投稿したのは…
浦和、鈴木彩艶が川口能活の記録に並ぶJデビューから3試合連続無失点を達成!「守備陣に助けられることも多かった」
「チームを救った」残留決定弾の堂安&PK獲得の奥川、日本人コンビの活躍を現地メディアが高評価!

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ