誰もいないピッチで黙々とランニング。浦和の背番号1、プロとしての矜持【厳選フォト】

カテゴリ:Jリーグ

金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

2021年05月23日

“西川周作が西川周作であり続けること”

試合後の埼スタで、西川選手はひとり黙々と走り始めた。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 一通り撮影を終えて、ピッチ上で写真の電送など諸々の作業をして、さて片づけて帰ろうかと思ったら、ロッカーに引き上げたはずの浦和の西川選手が姿を現わした。

 ホームで神戸に2-0の完勝を収めたこの日の試合では、控えメンバーのひとり。出番のなかった背番号1は、誰もいないピッチで黙々と走り始めた。

 しばらくすると、ポツポツと降り出してきたので、自分は荷物をまとめて控室に移動。自分が見ている間だけでも、西川選手は7、8周は走っていたか。

 ルーティーンなのかもしれない。ただ、J1で500試合以上に出場するなど長い間トップレベルで活躍するアスリートの神髄を見た気がした。プロとしての矜持を強烈に感じた。

 試合後にピッチを周回する時、ファン・サポーターに挨拶すると同時に、チームメイトにも笑顔で声掛け。味方の健闘を称えていた。

 スタメンを外れて悔しいはず、と勝手に想像してみる。でも西川選手は満面の笑みで、先発してクリーンシートを達成した若き守護神・鈴木選手と抱き合う。
 

成長著しい若き守護神・鈴木選手の健闘を笑顔で称える。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 たとえ試合に出られなくても、腐らずに、チームの勝利を思いっきり喜び、次に向けた準備も怠らない。自分がどんな状況に置かれても、ピッチ内外でチームを支える。その姿勢は変わらないのだろう。ベテランとしての振る舞い――よく言われることだし、別に目新しくもない。でも、簡単にできることじゃない。

 奇しくも、西川選手がサブに回った後の3試合で浦和は3連勝。好調の要因は正GKが代わったから? そうかもしれない。西川選手がレギュラー時にも3連勝しているから、関係ないかもしれない。いずれにしても、西川選手のような存在がいること、“西川周作が西川周作であり続けること”のほうが、チームにとっては大きな財産だと思う。

取材・文・写真●金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

【PHOTO】圧倒的な迫力で選手を後押しした浦和レッズサポーター!

【PHOTO】Jデビューからリーグ戦3試合連続ゴール!浦和の新ストライカー「キャスパー・ユンカー」!

【J1第15節PHOTO】浦和2-0神戸|田中!ユンカー!イニエスタ擁する神戸を寄せ付けなかった浦和がホーム5連勝!
 
【関連記事】
浦和、鈴木彩艶が川口能活の記録に並ぶJデビューから3試合連続無失点を達成!「守備陣に助けられることも多かった」
「色々凄すぎる」「何度見ても素晴らしい」“浦和のプリンス”ユンカーの高精度サイドチェンジに脚光!
小泉&武田の連係は必見!浦和の“W司令塔システム”が示す可能性
「カッコいいとか通り越して美しい」浦和ユンカーのイケメンショットに喝采!「ハリウッドスターですか?」
「めずらしい!」「臨ちゃんに目がいってしまう」浦和、槙野智章の女優妻との“貴重2ショット”に反響!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ