遠藤航、鎌田大地、伊東純也、鈴木優磨…リオ五輪世代がいま欧州で輝きを放つワケ

カテゴリ:海外日本人

西部謙司

2021年05月14日

成功した次のステップをどう踏むか?リオ五輪世代にとってはまさに一発勝負だ

 リオ五輪世代で先行してブレイクした南野拓実、中島翔哉は、それぞれリバプール、FCポルトという高みに到達したものの、そこで活躍のチャンスを生かせずにチームを変えている。これもよくあることで、ブレイクした次の段階のハードルはさらに高くなる。マンチェスター・ユナイテッドに移籍した香川真司、ACミランの本田圭佑もそこではブレイクできなかった。

 ビッグクラブからオファーがあれば断る理由はまずない。ただ、そこで失敗すると年齢的に再チャレンジの機会はなくなる場合がほとんどなので、成功した次のステップをどう踏むかはかなり悩ましいところではある。リオ五輪世代については、次のステップはまさに一発勝負だ。個人的にはプレー機会を得られそうなクラブを選んでほしいが、こればかりは本人の意思であり運に左右されるところは否めない。
 
 鎌田大地、遠藤航はブンデスリーガ、鈴木優磨、鈴木武蔵、伊東純也はベルギー。過去の状況を見ても、この2つのリーグは日本人選手が比較的成功しやすい。ベルギーは早くから外国籍選手を受け入れてきた流れがある。ドイツに関しても馴染みやすい環境があるのだろう。テクニカルなタイプが多い日本人にはスペインやポルトガルが合っているように思われるが、逆にそこでは埋没してしまいがちだ。あの中村俊輔でさえ、エスパニョールで「ロンド」をやると下手な部類だったと話していた。人種偏見が比較的薄く、日本人選手の特徴とリーグが求める人材の相性がよい、バイエルン・ミュンヘン以外のクラブにそれほど格差がない、そうした環境がおそらく日本人選手と合っているのではないか。

文●西部謙司(スポーツライター)

【PHOTO】2020-21シーズン、ドイツで活躍する日本人選手を一挙紹介!
【関連記事】
【20-21日本人欧州組ベスト11 vol.1】“最高成績”という快挙を達成したふたりを高評価! MVPに選んだのは…
【20-21日本人欧州組ベスト11 vol.2】5大リーグでのプレーは評価されるべき。MVPは欧州屈指の“センス”で人気の…
「この日本人は不動の存在だ」遠藤航をシュツットガルト公式が大特集!デュエル勝利数、走行距離…驚異のデータも一挙紹介
【20-21日本人欧州組ベスト11 vol.3】「100人中99人は選ぶ」MFをMVPに!CBに吉田ではなく板倉を選んだのは…
「世界最高レベルだ」伊東純也を含むヘンクの“BIO”トリオを指揮官&現地メディアが称賛!
「一般には評価されにくい」? 鎌田大地がブンデス公式の“知られざるヒーロー”5人に選出!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 11月11日号
    10月28日発売
    市場を賑わすのは誰だ!?
    2022 J移籍
    注目候補「30人」
    憲剛×風間対談もお届け
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ