遠藤航、鎌田大地、伊東純也、鈴木優磨…リオ五輪世代がいま欧州で輝きを放つワケ

カテゴリ:海外日本人

西部謙司

2021年05月14日

才能があってもブレイクするとは限らない。ポイントは才能以外のプレーレベル

欧州で輝きを放つリオ五輪世代の選手たち。写真は左上から時計回りに、遠藤航、鎌田大地、鈴木優磨、伊東純也。写真:サッカーダイジェスト(伊東)/Getty Images(遠藤、鎌田、鈴木)

画像を見る

 ハーバード大学の人気教授、マイケル・サンデルの著書に『実力も運のうち』がある。普通は「運も実力のうち」だが、それを逆にしたタイトルだ。

 成功には理由がある。本人の努力、周囲の助力、環境、タイミング……いろいろな要素があると思う。能力があったから成功できたのは事実だろうが、能力があっても成功できなかったケースもいくらでもあるはずで、能力がすべてと考えるのは明らかに無理がある。むしろ能力以外の要因が大きいならば、やはり「実力も運のうち」と考えるのが正しいのかもしれない。

 成功している欧州組についても同じようなことが言えると思う。ブレイクした理由は「運」だろう。ただ、もちろんそれだけではない。

 リオ五輪世代の活躍については、単純にプレーヤーとしてピークの年齢だからだろう。人によってピークの時期は前後するとしても、27、28歳は心技体のバランスがいい脂の乗り切った年齢といえる。
 
 才能は不可欠だ。ただ、五輪メンバーに選出され欧州のクラブからオファーがあった選手たちだから才能があるのは前提である。しかし、才能があってもブレイクしない場合もある。成功するかどうかのポイントは才能以外のプレーレベルだ。

 例えば、伊東純也や浅野拓磨のスピードは才能だ。それがあるから移籍できた。彼らの速さが通用するレベルまでは昇っていける「可能性」がある。だが、現実にどのレベルでプレーできるかは才能以外の部分にかかっている。少なくとも得意なプレー以外も、そのリーグの平均レベルに達していないと試合に出場し続けるのは難しくなる。例えば守備ができないとすると、相手は確実にそこを突いてくるからだ。諸刃の剣ではレギュラーポジションを得るのが難しい。欧州でレギュラーポジションを獲得して活躍している選手は、自分の武器があるだけでなく、それ以外のプレーをレベルアップしたからこそプレーできている。

所属クラブとの相性も大きい。悪い例で恐縮だが、久保建英はずば抜けた才能があるけれどもヘタフェとの相性が悪すぎた。クラブのプレースタイル、監督の構想と合うかどうかは無視できない。ただ、移籍してみたら監督が代わり、方針も変わるということもよくあることで、このあたりは運としか言いようがない。
 
【関連記事】
【20-21日本人欧州組ベスト11 vol.1】“最高成績”という快挙を達成したふたりを高評価! MVPに選んだのは…
【20-21日本人欧州組ベスト11 vol.2】5大リーグでのプレーは評価されるべき。MVPは欧州屈指の“センス”で人気の…
「この日本人は不動の存在だ」遠藤航をシュツットガルト公式が大特集!デュエル勝利数、走行距離…驚異のデータも一挙紹介
【20-21日本人欧州組ベスト11 vol.3】「100人中99人は選ぶ」MFをMVPに!CBに吉田ではなく板倉を選んだのは…
「世界最高レベルだ」伊東純也を含むヘンクの“BIO”トリオを指揮官&現地メディアが称賛!
「一般には評価されにくい」? 鎌田大地がブンデス公式の“知られざるヒーロー”5人に選出!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月23日号
    9月9日発売
    緊急提言
    この布陣で
    W杯最終予選を突破せよ!!
    日本代表「最強スタメン」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月16日発売
    2021ー2022 SEASON
    出場32チームを完全網羅
    CL選手名鑑
    顔写真&データが充実!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ