【大宮】家長昭博インタビュー|チームを背負う覚悟(前編)

カテゴリ:Jリーグ

古田土恵介(サッカーダイジェスト)

2015年04月24日

「チームに良い影響を与えるプレーをしなければ」

家長は時折笑顔を見せながらも、真剣な表情でエースとしての覚悟を話してくれた。写真:田中研治

画像を見る

――では、家長選手自身がレベルアップしなければいけないと感じている部分は?
 
「チームにとって、もっと影響力がある選手にならないといけないと思います。そういう部分では、まだまだ物足りないなと」
 
――影響力というのを具体的に教えてください。
 
「試合を決める選手ですね。(チーム内で)経験もあるほうですし、90分のなかで自分が試合の流れを読まないといけない。いろいろな面でチームを引っ張る。そういう影響力がもっと必要です」
 
――「試合を決める」とは、得点やアシストなど数字に表われる部分ですよね?
 
「そうです。得点とアシストの両方が求められていると思います。また、最後の場面だけでなく違いを生み出すプレーだったり、局面を変えるプレーも必要でしょう。やはりチームに良い影響を与えられるプレーをしないといけませんね」
 
――オフに大宮残留を決めて、チームを背負う気持ちは強くなりましたか?
 
「あまり変わりません。昨季から良い意味で責任感を持って過ごせていましたし、それは今季も同じです」
 
――大宮のエースと言えば家長選手の名前がまず出てきます。J2では「役者が違う」と言われるなかでプレーする、そうした周囲からのプレッシャーをどのように受け止めていますか?
 
「そうしたことを直接言われないのであまり伝わってきませんが、チームが今6位にいて『上手くいってない』と言われるのがすべてを物語っていますよね。そういうのはプレッシャーとして感じますけど、常日頃の生活も練習も変えることはしません。
 
 試合は90分間で11対11というレギュレーションも変わることはない。J1でもJ2でも『サッカーをする』という面では同じ。(J1にいた昨季との)ギャップはありますけどね。日々の取り組みは変わらないので、そんなギャップは感じつつ、気負うことはないです」
 
――家長選手は気持ちがあまり揺れませんよね。今も試合後も淡々と分析して、言葉を発しています。その「揺れない」部分は意識していますか? チームを背負うプレシャーや責任感がものすごい膨れ上がって、押し潰されてしまう選手も多いと思います。
 
「それは僕だけが背負っているものじゃない。人それぞれ、思ったようなプレーができていない責任を感じているはずです。結局はいつもと変わらずにグラウンドがあって、そこでプレーするだけだし、あまり深くは考えてないというか、シンプルに『試合に勝ちたい』と考えているだけです」
 
――プレー中も同じ考え方をしているのでしょうか?
 
「プレー中はもちろん様々なことを考えていますよ(笑)。いろんな話をみんなとしますしね。でも矛盾しているようですが、グラウンドに立っている時はどっちかと言うと動物的、本能的にプレーの選択をしています。考えを巡らせていますけど、感覚的な部分も多いので、半々ではないでしょうか」

《後編に続く》

取材・文:古田土恵介(サッカーダイジェスト編集部)

グラウンドの上では、シンプルに「試合に勝ちたい」と考えているだけ。どんな状況でも気負うことはない。写真:田中研治

画像を見る

【関連記事】
【大宮】町田との練習試合は勝利も課題が浮き彫りに
【大宮】「今年こそ――」。J1復帰に向けてキーマン3人が内に秘める闘志
【大宮】他を圧倒するJ2優勝への挑戦
サポーターから愛されたふたりのGKが大宮で邂逅 加藤順大と塩田仁史、それぞれのストーリー
【セルジオ越後の天国と地獄】2次予選にスリルはない。判断材料にもならない“消化リーグ”だ
【日本代表】金田喜稔がウズベキスタン戦を分析|宇佐美にあえて言いたい。「守備も含めて、局面でもっと身体を張れ」と

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ