【横浜】「誰が点を取るのか」新シーズンの課題解決へ、4年目の指揮官にかけられる期待と責任

カテゴリ:Jリーグ

藤井雅彦

2021年02月08日

レオ・セアラはコロナ禍で開幕には間に合わない

超攻撃的なサッカーでタイトル奪取を狙う横浜。写真:藤井雅彦

画像を見る

 ここで横浜は大きな問題にぶつかる。『どうやって点を取るか』よりも『誰が点を取るのか』という抜本的な問題解決に至っていない。

 すでに獲得発表済みのレオ・セアラは緊急事態宣言延長の影響によって来日できておらず、開幕には間に合わない。キャンプではオナイウ阿道と前田大然がCFに固定され、オナイウは海邦銀行戦でハットトリックを達成。前田も沖縄SV戦で1得点とそれぞれ結果を出した。いずれも今季に懸けるモチベーションが高く、まずまずの仕上がりを見せている。

 エリキやジュニオール・サントスは戦術を度外視したところでゴールネットを揺らせる特異な存在だった。誤解を恐れず言えば、横浜のスタイルにジャストフィットするというよりも、異質な個をポステコグルー監督が使いこなしていたという印象のほうが強い。

 その点で、オナイウや前田が得点するためには周囲のお膳立てが欠かせない。チーム全体で助っ人ストライカーが抜けた穴を埋め、ゴールを量産できるか。
 
 この課題を一朝一夕で解決するのは難しい。1次キャンプでは一貫して3バックを採用したが、ポステコグルー監督は「新しいことを試したとは思っていない。1次キャンプでは試合勘を取り戻し、試合のコンディションを整えることがテーマだった」とあくまでも準備段階であることを強調。11日から始まる2次キャンプでシステムを含めた最適解を探っていく意向だ。

 選手の個人能力に頼るのをやめ、アタッキング・フットボールのバージョンアップを目指す新シーズンは、指揮官にかかる期待と責任は過去3年以上に大きくなりそうだ。

取材・文●藤井雅彦(ジャーナリスト)

【2020ー21移籍動向一覧】J1・J2・J3 新加入、退団、引退選手&監督動向まとめ
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    5月13日発売
    決定版が完成!!
    EURO2020
    展望&ガイド
    出場24か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月27日号
    5月13日発売
    J29年目突入記念企画
    J1&J2全42クラブの
    歴代レジェンドを
    格付け!!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月6日発売
    欧州サッカー
    夏の移籍市場
    新マニュアル
    新時代の強化戦略を読み解く!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ