【横浜】「誰が点を取るのか」新シーズンの課題解決へ、4年目の指揮官にかけられる期待と責任

カテゴリ:Jリーグ

藤井雅彦

2021年02月08日

新加入アタッカー・エウベルのここまでのパフォーマンスは…

昨季はACLでクラブ初の決勝トーナメント進出に導いたポステゴグルー監督。再びアジアの舞台への切符を掴めるか。写真:藤井雅彦

画像を見る

 横浜F・マリノスは2018年のアンジェ・ポステコグルー監督就任以降、誰の目にも明らかに攻撃サッカーへ大きく変貌した。

 それは数字にも表われており、就任初年度は残留争いに巻き込まれながらもリーグ2位タイの56得点。優勝した19年はリーグトップの68得点を記録し、20年は優勝した川崎に大きく水を開けられたものの、それでもリーグ2位の69得点と面目を保った。

 リーグにおける相対的な総得点順位もさることながら、ゴールの絶対数が毎年増え続けている点がポイントだ。横浜のアタッキング・フットボールが成長している一つの裏付けと言えよう。

 ただし今季に関しては不安材料もある。

 昨季、チームトップの13得点を挙げたエリキとジュニオール・サントスが抜けた。前者は抜群の身体能力と得点感覚が武器で、後者には圧倒的なフィジカルと独力でゴールを奪える破壊力があった。彼らの穴埋め作業はおそらく容易ではない。
 
 期待がかかる新加入アタッカーのエウベルは、石垣島キャンプで左ウイングに固定されていた。「まずはチームの戦術に順応したい」という言葉からも真面目で勤勉な性格がう窺える。練習試合になってもエゴイスティックな面は一切なく、武器であるドリブルの披露も必要最小限にとどまった。

 また、エウベルはこうも話している。

「ゴールとアシストならもちろんゴールのほうが好きだ。でも僕のキャリアの中ではアシストのほうが多かったかもしれない」

 ここまでのパフォーマンスを見るかぎり、どちらかというとチャンスメーカータイプで、ゴールを量産できるかは未知数だ。

 持ち味のドリブルは一瞬の加速と滑らかさに優れるのが特徴。タッチライン際で縦に加速する、例えば遠藤渓太のようなドリブルとはタイプが違う。ならばウイングで孤立させるよりも、中央寄りの位置で起用し、マルコス・ジュニオールや仲川輝人と近い距離を保ちながらプレーすることでさらに良さを発揮する可能性がある。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ