【J1戦力分析|横浜F・マリノス編】新助っ人ふたりの働きが覇権奪還の鍵を握るか!?

カテゴリ:Jリーグ

広島由寛(サッカーダイジェストWEB)

2021年02月05日

最大の誤算はチーム得点王ふたりの離脱

2年ぶりの王座を目指す横浜。新加入選手のフィットが鍵を握るか。写真は左上から時計回りに、仲川輝人、エウベル、喜田拓也、岩田智輝。写真:サッカーダイジェスト

画像を見る

 最大の誤算は、昨季チーム得点王(13ゴール)のふたり、ジュニオール・サントスとエリキのレンタル終了だ。つまり最大の注目は、後釜候補の新助っ人、エウベルとレオ・セアラの働きぶりになる。

 昨季の主力メンバーがほぼ残留し、右サイドバック(SB)には東京五輪代表候補で、3バックにも対応できる岩田智輝を補充。ピンポイント補強で陣容を整えたが、他クラブから多くの実力者を引き抜いた昨季と比べれば、スケールダウンの感は否めない。興國高から迎え入れた樺山諒乃介、平井駿助、田川知樹、南拓都の高卒カルテットはポテンシャルは秘めているものの、即戦力として期待するのは早計だろう。

 チーム力を大幅に引き上げるような新たな人材がいない以上、覇権奪還の肝は、現体制下で育んできたアタッキング・フットボールのバージョンアップしかない。その意味でも、エウベルとL・セアラの活躍は鍵を握るか。


■ポジション別戦力分析
FW
助っ人枠でエウベル、L・セアラを獲得も、頼れる得点源だったエリキ、J・サントスの退団は痛手。エース仲川の復活もポイントに。

MF
各ポジションにふたりのレギュラークラスを揃え、万全の態勢。マルチロールの大津が新天地を求めたが、影響はわずかな程度に留まる。

DF
放出はゼロで、岩田が加わりプラス査定。人材豊富な右SBでは熾烈な定位置争いが予想される一方、センターバックや左SBの序列に変化なし。

GK
昨季終盤に台頭したオビが、正守護神の座に就けるか。実績では上回る梶川、高丘も虎視眈々。中林、田川はさらなるアピールが必要。

監督
ACLでクラブ初の決勝トーナメント進出に導いた直後の昨年12月に続投が決定。今季も超攻撃的なサッカーで、タイトル奪取を目論む。

文●広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

【J1】各チームの2021年シーズン予想フォーメーション

【2020ー21移籍動向一覧】J1・J2・J3 新加入、退団、引退選手&監督動向まとめ

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ