「ブラジルでもマリノスは知られていて…」28歳の新助っ人、FWエウベルが語る横浜の魅力「僕にとっては幸せ」

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年01月23日

「海外でのプレーが夢だった」

横浜へ加入したブラジル人FWエウベル。新体制発表会に登壇した。©Y.F.M.

画像を見る

 横浜F・マリノスは1月23日、2021シーズンに向けた新体制発表会を実施。イベント終了後に、新加入したブラジル人のFWエウベルがオンライン取材に応じ、オファーを受けた際の思いや横浜の街、クラブの印象を明かした。

【2020ー21移籍動向一覧】J1・J2・J3 新加入、退団、引退選手&監督動向まとめ

 現在28歳のエウベルは、ブラジルのバイーアから完全移籍で加入。横浜が自身初の海外挑戦となるが、日本クラブからのオファーについては「本当に嬉しかった」とコメントし、ピッチ内外での新たなチャレンジに胸を高鳴らせているようだ。

「海外でのプレーが夢だったので、日本に来て私を温かく迎えてくれたチーム関係者には感謝したい。日本の印象は、素晴らしい文化があって、(以前から)家族と観光に来たいと話していたので、住むことになって幸せに感じています。ブラジル人選手も多いのでブラジルでもマリノスは知られていて、情報は入ってきていました。このチームを大きくしていきたいですし、横浜での私生活も楽しみたいです」

 またクラブの印象は、「伝統もあって偉大なクラブで、攻撃的なチーム」であると語り、「オフェンスの選手たちが楽しくプレーができるスタイルなので、僕にとっては幸せです」とキレキレなドリブルから果敢に仕掛ける自身のプレースタイルとマッチしたクラブであると満足気な表情を浮かべた。
 
 アンジェ・ポステコグルー監督はこのブラジル人アタッカーについて、「前の3つのポジションができればいいと思い獲得した」と前線の複数のポジションでのプレーを期待していると発言。本人も「どこでもプレー可能」であると意気込みを口にしている。

「僕の特徴はドリブルで、アシストもよくします。どこのポジションでとは断言できませんが、オフェンスであればサイドでも、中央でもどこでもプレー可能だと思っています。チームのために僕の武器をどんどん出していきたいです」

 昨シーズン限りで、ともにチームトップの13ゴールを挙げてチームの攻撃の核となっていたエリキとジュニオール・サントスが揃って退団。その穴を埋めるべく、ブラジル1部リーグで通算191試合に出場した経験豊富なエウベルに白羽の矢が立った。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】横浜の2021シーズンに向けた新体制発表会

【PHOTO】チームの歴史が一目でわかる!横浜F・マリノスの「歴代集合写真」を一挙紹介!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ