バルサはなぜビルバオに敗れたのか? 大一番で露呈した問題点を番記者が指摘【現地発】

カテゴリ:メガクラブ

エル・パイス紙

2021年01月19日

グリエーズマンの噛み合わせの悪さは相変わらず

 グリエーズマンが2得点を挙げるも、ビルバオの気迫とマルセリーノ・ガルシア・トラル監督仕込みの綿密なセットプレーの前には無力だった。そのグリエーズマンにしても活躍してもチームが敗れてしまい、入団以来のまるでチームと別のルートで旅しているような噛み合わせの悪さは相変わらずだ。

 最後まで勝負を諦めなかったビルバオが土壇場で同点に追いつき延長戦に持ち込む一方で、フラストレーションを溜め込んだメッシがバルサで初のレッドカードによる一発退場となるなど、両者の明暗はくっきりと分かれた。

 最近、負け癖がついているバルサは、ファイナルでも敗れた。チームとしての方向性、成熟度の欠如を改めて露呈し、翻ってビルバオはいつものビルバオだった。監督、会長が誰であろうとここ一番で見せる伝統のチームスピリットと熱量はさすがで、暗中模索のバルサを見事になぎ倒した。

文●ラモン・ベサ(エル・パイス紙バルセロナ番)
翻訳●下村正幸

※『サッカーダイジェストWEB』では日本独占契約に基づいて『エル・パイス』紙のコラム・記事を翻訳配信しています。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ