「怒って、明らかに攻撃してきた」メッシの暴力行為の“被害者”が激白! いったい何が起こったのか?

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年01月18日

クラブキャリアでは初めてとなるレッドカード

メッシから暴力行為を受けたビジャリブレがその時の様子を語った。 (C) Getty Images

画像を見る

 物議を醸しているのが、バルセロナのエースが犯したまさかの愚行だ。

 現地時間1月17日に開催されたスーペル・コパの決勝、バルサがアスレティック・ビルバオに2-3とリードされて迎えた、延長後半のアディショナルタイムだった。

 時間がないなか、左サイドにボールを展開し、得意の形でゴール前に走り込もうとしたリオネル・メッシは、そのコースを塞ごうとした敵のFWアシエル・ビジャリブレと激突。すると、相手の頭を思い切り両手で叩いたのだ。

 VAR検証の末、メッシにはクラブキャリアでは初めてとなるレッドカードが提示された。

【動画】衝撃の一発レッド!メッシの信じ難い蛮行はこちら
 90分に値千金の同点ゴールを奪っていたビジャリブレは試合後、バルサのロナウド・クーマン監督が、ビルバオのファウルの多さを指摘したのを受けて、「論争に巻き込まれる必要はない。すべてのチームがファウルを犯し、彼らも僕らにファウルを犯した。重要なのはあきらめないことだ」とコメント。メッシから受けた暴力行為については、こう告白した。

「メッシ? 前に行かないように身体を入れたら、怒って手を顔に当ててきた。明らかに攻撃してきたんだ」

 この23歳のストライカーのゴールで、目前だったタイトル獲得がその手がすり抜け、さらに逆転を許して時間がない状況だっただけに、メッシが苛立っていたのは間違いないだろう。果たして、大黒柱の出場停止は何試合になるだろうか……。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 
【関連記事】
「主将としてあるまじき振る舞い」まさかの愚行でバルサ初退場のメッシに辛辣批判!「自分のことしか考えていない」
「クボはこの番号を喜んだ」久保建英はなぜ“5番”を選んだのか?「彼のアイドルである…」
「間違いなく素晴らしいキャリアを…」久保建英を“元マドリー”のヘタフェGKが絶賛! 話題の初陣で信頼を掴む
「足を絡めちゃえばよかったよね」久保建英のヘタフェ初戦を内田篤人氏はどう見た? 「松井大輔さんのように…」
「信じられない経験をした」F・トーレスが日本時代を回想!「だから1年しか滞在しなかった…」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ