バルサはなぜビルバオに敗れたのか? 大一番で露呈した問題点を番記者が指摘【現地発】

カテゴリ:メガクラブ

エル・パイス紙

2021年01月19日

アイデンティティを取り戻すため、両軍ともタイトルが欲しかった

このグリエーズマンのゴールで奪った2度のリードを守りきれなかったバルサ。 (C) Getty Images

画像を見る

 ともに負けられない一戦だった。スペインには株式会社化していないクラブが4つ存在する。今回のスーペル・コパの決勝で顔を合わせたバルセロナとアスレティック・ビルバオは、レアル・マドリーとオサスナとともにそのステータスを維持しているが、現在それぞれ組織として難局を迎えている。

 バルサは会長選の真っ只中で、ビルバオは先月のソシオ総会で、アイトール・エリセギ会長が自らのマネジメントに対して強烈なダメ出しを受けた。だからこそ両クラブともアイデンティティを取り戻すきっかけとしてスポーツ面で成功を収めることを必要としていた。

 たしかにスーペル・コパのコンペティションとしての価値は他のそれに見劣りする。しかし無冠に終わった昨シーズンを経てバルサはタイトルを欲している。ましてやスーペル・コパは昨シーズン、アトレティコ・マドリーに敗れて準決勝で敗退した事態を重く見て、エルネスト・バルベルデの監督解任に踏み切った因縁のコンペティションでもある。

 しかし、バルサはビルバオの軍門に下った。ここ数年で選手たちの顔ぶれは大きく変わっている。現チームで、バルサでタイトル獲得を経験したのは14人に過ぎない。このそれぞれ過去と未来のシンボルであるジョルディ・アルバとアントワーヌ・グリエーズマンが共存するチームをリオネル・メッシが何とか持ちこたえようと努めてはいる。しかし急激な世代交代に舵を切った代償で、戦い方はまだまだ不安定だ。

【動画】衝撃の一発レッド!メッシの信じ難い蛮行はこちら
 ビルバオが見せたプレーは気迫みなぎるアグレッシブなものだった。もっとも以前のバルサであれば、そんなタフな相手を前にしても、軽快なパス回しで相手の守備網をかいくぐっていたものだ。しかし、強みだった繊細さやスピードが低下し、かといってリバプールやバイエルン・ミュンヘンのようなダイナミズムや強度も持ち合わせてはいない。

 バルサと言えばポゼッションや試合のコントロールを基調とするチームだ。しかし、ロナルド・クーマン監督の下でそのこだわりを捨て、今風のサッカーにトライしているが、ビルバオのような不屈のハードワークを持ったチームが相手だと、余計にその中途半端さが顔を出す。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月25日・3月11日合併号
    2月10日発売
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想、開幕戦の見どころ、
    今季の注目株etc を総ざらい!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    3月4日発売
    歴代レジェンドチーム
    最強はここだ!!
    1990年以降の「ナンバー1」を
    海外記者の投票で決定
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ