連載|熊崎敬【蹴球日本を考える】プロフェッショナルとして生きる、三浦知良の矜持

カテゴリ:Jリーグ

熊崎敬

2015年04月05日

カズの勝負師としての精神はいまだ枯れず。

良いプレーも悪いプレーも、きちんと評価されることを望む。それがカズがプロフェッショナルとして生きるということなのだろう。写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 もはや良いプレーをしなくても、カズを手厳しく批判したり、文句を言うファンや記者はいない。ピッチに立つだけで、みんなが喜んでくれる。だが、この人間国宝のような扱いにカズは忸怩たる想いを抱いているようだ。
 
「48歳だから、試合に出ただけで満足していいのか。チームのために役に立たなければ、それは自己満足になってしまう」
 
 そう、カズはあくまでもプロフェッショナルとしてピッチに立ちたいのだ。自分の仕事はチームの勝利に貢献して、観客に喜んでもらうこと。記録を更新するために、ピッチに立っているわけではない。
 
 サッカーはプロでなくても続けられる。週末にフットサル場や河川敷で仲間と一緒にボールを蹴ればいい。だがカズは、それでは燃えられない。週末の貴重な時間を割き、お金を払ってスタジアムに足を運んだ人々に、自らのすべてを見せたいのだ。
 
 そして良いプレーをしたら存分に喝采を浴びて、悪ければブーイングを浴びる。これがブラジルでサッカーを叩き込まれたカズにとっての、「生きる」ということなのだと思う。
 
 48歳になったカズは、肉体の衰えを自覚している。だが、勝負師としての精神は枯れてはいない。今もハイエナのようにゴールを、勝利を追い求めている。
 
「次は自分のゴールで勝ちたい」とカズは言った。近い将来、またカズダンスが見られそうだ。

【メモリアルPHOTO】三浦知良|Jリーグ最年長得点記録更新!!
 
取材・文:熊崎 敬
【関連記事】
サッカーダイジェスト編集長コラム――KAZU伝説に終わりは見えない
【横浜FC】昨年12月10日に誰よりも早く始動――カズが“努力”で、J最年長得点記録を更新!
【横浜FC】カズがまたも記録更新。惜しいヘディングも!
【三浦知良】48歳の決意! 「初心に戻り、強い決意で」
連載|熊崎敬【蹴球日本を考える】「ゴールを見失ったことがない」フォルランの別格 縦を突くサッカーはこうして成立する

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト 最終登録メンバーを網羅!
    11月18日発売
    最終確定版!!
    カタール・ワールドカップ
    出場32か国
    選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    11月5日発売
    稀代のファンタジスタ
    中村俊輔
    引退特集号
    特大ポスター付き
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 3年ぶりのJ1制覇!!
    11月10日発売
    J1優勝特集
    横浜F・マリノス
    喜田&水沼対談に
    J1 BEST PLAYERSも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月1日発売
    カタールW杯出場組が主役に!
    冬の移籍市場
    徹底リサーチ2023
    恒例卓上カレンダー付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ