【横浜FC】昨年12月10日に誰よりも早く始動――カズが“努力”で、J最年長得点記録を更新!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2015年04月05日

DFに頭ひとつ競り勝つヘッドでゴールネットを揺らし、カズダンスを披露。

開始直後から精力的に動き回り、コンディションの良さを示していたカズ。14分に歴史を塗り替えるゴールを決めてみせた。写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 横浜FCのFW三浦知良が、Jリーグの歴史にまたその名を刻んだ。

【メモリアルPHOTO】三浦知良|Jリーグ最年長得点記録更新!!
 
 小雨の舞うニッパツ三ツ沢球技場での6節・磐田戦、三浦は2トップの一角として、2試合ぶりにスタメン出場を果たした。立ち上がりから精力的に前線を駆け回り、オフサイドにはなったが、裏を狙った動きからチャンスも作った。

 すると14分、カズは右サイドをドリブルで駆け上がったMF小池のクロスに対し、ジャンプでDF櫻内に頭ひとつ競り勝つ。ヘディングでしっかりミートされたボールは、糸を引くようにまっすぐゴールネットを揺らした。

 背番号11はお馴染みのカズダンスを披露。5921人が詰めかけたスタジアムは、歓喜に包まれた。

 その後チームが2-1とリードした67分、三浦は黒津と交代してベンチに退いた。しかし横浜FCは耐え切れずに失点を重ね、2-3の逆転負けを喫した。

 三浦はJリーグの最年長ゴール記録を48歳38日に更新。これまでの記録は、自身が13年11月3日の39節・松本戦で作った46歳8か月8日だった(この時もヘディングでのゴールだった)。また、自身が持つJリーグ最年長出場記録も更新している。

「昨シーズンの出場機会が少なかった反省を踏まえて、日本人で一番早くキャンプインしたんじゃないかな」と、三浦は昨年12月10日に自主キャンプを開始。そこからチームのキャンプでもコンディションを上げて開幕スタメンの座を掴むと、前線からチームを牽引。そして、この日のゴールにつなげたのだ。

 今回の記録更新も、伝説の序章にすぎないかもしれない――。
 
【関連記事】
サッカーダイジェスト編集長コラム――KAZU伝説に終わりは見えない
【横浜FC】カズがまたも記録更新。惜しいヘディングも!
【三浦知良】48歳の決意! 「初心に戻り、強い決意で」
【セルジオ越後の天国と地獄】この2試合は、アギーレでも勝てたよ

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年8月25日号
    8月10日発売
    J1&J2全40クラブ
    夏の補強総決算!!
    最新スカッド
    新戦力インタビューも充実
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月4日発売
    2022ー23シーズン
    欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    最新選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ