【五輪1年延期の明暗①】U-23日本代表が国内合宿で再出発! GK・DF陣の勢力図には異変も

カテゴリ:日本代表

元川悦子

2020年12月23日

サイドバックは手薄なポジション。人材の伸び悩みも

A代表でのプレー経験もある橋岡はCBとSBをこなせるユーティリティ。さらなる成長が期待されるひとりだ。写真:滝川敏之

画像を見る

 一方、DF陣も欧州組に冨安健洋(ボローニャ)、板倉滉(フローニンへン)、中山雄太(ズウォーレ)らがいるものの、それだけ十分というわけではない。センターバック(CB)はあと1~2枚は必要だし、サイドバック(SB)は左右兼任の菅原由勢(AZアルクマール)とボランチ兼任の中山だけでは手薄。国内組の戦力発掘は至上命題だ。

 CBは2019年A代表経験者の渡辺剛(FC東京)、町田浩樹(鹿島)、瀬古歩夢(C大阪)とサイド兼任の橋岡大樹(浦和)、古賀太陽(柏)が候補。Jの出場試合数では33試合出場の古賀と31試合出場の橋岡がリードしている。とはいえ、渡辺はキャプテンマークをつけてルヴァンカップ延期やACL参戦など紆余曲折の続いたチームをけん引したし、瀬古はルヴァンカップのニューヒーロー賞とJリーグベストヤングプレーヤー賞をダブル受賞した成長株。彼らのようなスペシャリストを取るか、万能型を取るか、森保監督も難しい判断を迫られる。登録18人の五輪を考えると後者の方がベターな印象もあるが、果たしてどんな選択になるのか。そこはこの5日間の動向次第ということになる。

 SBはCB以上に手薄なポジション。特に左は昨年までA代表最有力と目された杉岡大暉(鹿島)が移籍後出番を失い、コパ参戦の原輝綺(鳥栖)も頭打ち感が否めない。だからこそ、左右をこなせる中村帆高と森下龍矢(鳥栖)の明治大コンビなど、新戦力を見てみたいと指揮官は考えたのだろう。「僕以上に勢いをもたらせる選手はいない」と追加招集の森下などは特に鼻息が荒い。

 とはいえ、欧州組の菅原や中山も複数ポジションをこなす選手。1人くらいはスペシャルな武器を持つ選手がいてもいい。そこで存在価値がグッと上がるのが、東俊希(広島)だ。2018年U-19アジア選手権(インドネシア)の世界切符がかかったインドネシア戦で強烈ミドルを叩き込んだように、彼の左足のキックは「1つの戦術」と言っても過言ではない。左利きのSBがなかなか見つからないことを考えても、この選手は期待が大きい。守備面はまだ物足りない部分が否めないものの、守り重視の試合では中山らを使う手もあるだろう。

 いずれにせよ、今回の国内組は「傑出した輝き」を示さない限り、本大会に滑り込むのは難しい。コロナ禍前の常連組が巻き返さないとも限らないからだ。厳しい現状をしっかりと認識したうえで、どこまで自分のよさを出せるのか。貪欲さとギラギラ感を強く押し出す選手の出現を強く求めたい。

取材・文●元川悦子(フリーライター)

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月13日号
    4月8日発売
    2021年版J1&J2リーグ
    選手125人が選ぶ
    現役ボランチ
    最強番付
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月6日発売
    欧州サッカー
    夏の移籍市場
    新マニュアル
    新時代の強化戦略を読み解く!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ