【U-23代表】「よく言い争っていた」広島MF浅野雄也が明かした兄・拓磨への強烈な“対抗心”。兄弟で五輪出場の偉業なるか

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年12月22日

J1リーグ1年目で32試合に出場して5ゴールをマーク

初招集に「嬉しかった」と喜びを語った浅野。※写真は取材中にスクリーンショット

画像を見る

 12月22日、26日まで5日間に渡って行なわれる、東京五輪に向けたU-23日本代表候補のトレーニングキャンプがスタート。初日は2部練習となったが、軽めの午前練習の後、初招集となったサンフレッチェ広島の浅野雄也がオンライン取材に対応した。

 J2の水戸から広島に渡って実質1年目の今シーズンは、主に2シャドーの一角で起用され、32試合に出場して5ゴール。抜群のスピードと高精度の左足キックを武器に、初のJ1で小さくない存在感を放った。
 
 7人兄弟の四男で、2学年上の兄が日本代表FWの拓磨(パルチザン)だ。リオデジャネイロ・オリンピックに出場した兄とは何かと比較されがちだが、「小さい頃からタクが活躍すると悔しかった。背中を追ってきて、オリンピックやA代表でプレーするタクを見るのはめちゃくちゃ悔しい気持があった」と本音を語った。

「その気持ちが刺激となって頑張れているので、そこは感謝している」

 中学までは一緒にプレーしていて、「サッカーに関してはよく言い合いをしていた」という。

「スピードはタクのほうがあると思うけど、足下の技術は自分のほうが勝っている。そこをアピールしていきたい」

 拓磨が経験した五輪の舞台に、雄也は立てるのか。兄への“対抗心”を胸に熾烈なサバイバルに挑む。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月13日号
    4月8日発売
    2021年版J1&J2リーグ
    選手125人が選ぶ
    現役ボランチ
    最強番付
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ