E・ジュニオと庄司の獲得でどう変わる?死に物狂いでJ1昇格を目指す長崎の真の狙い

カテゴリ:Jリーグ

藤原裕久

2020年11月02日

「補強でスタイルを変えているようでは…」(手倉森監督)

「補強でスタイルを変えているようでは、最後のところで苦しくなる」。手倉森監督はあくまでもチームとして戦う方針を変えてはいない。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト編集部)

画像を見る

 一方、決定力不足解消の切り札として期待されるE・ジュニオは、合流して3日後の水戸ホーリーホック戦で69分から出場し、アディショナルタイムにチームの4点目となるゴールを記録。試合後の手倉森監督が、「相手との駆け引きもできて、相手を置き去りにできるタイミングを(自分の中に)持っている。ペナルティエリア内のプレーで苦手なものはないんだろうな」という能力の高さを披露してみせた。

 補強選手が合流初戦にいきなり結果を出したことで、今後の活躍への期待も大きくなっているが、手倉森監督はその活躍を喜びつつ、あくまでもチームとして戦う方針を変えてはいない。
 
「補強でスタイルを変えているようでは、最後のところで苦しくなる」

 そう語るとおり、監督の中にあるのは、補強選手へ依存するのではなく、新戦力を含めたチームとして戦うという考えだ。庄司とE・ジュニオの補強は、あくまでもチーム力を高めるための手段であり、融合する時間がない中で結果を出したE・ジュニオの活躍が呼び込む勢いと、庄司の加入で刺激されたチーム内の競争意識こそが真の狙いだ。ふたりの作った勢いと競争意識を、自分たちへの追い風に変えて、J1昇格レースの最終コーナーへ入る。それこそが今回の大型補強で長崎が目指すものである。

取材・文●藤原裕久(サッカーライター)
【関連記事】
【セルジオ越後】中村憲剛のカッコよすぎる引き際!その引退は日本サッカーに大きな宿題を残すことになるよ
横浜のFWエジガル・ジュニオがJ2の長崎へ期限付き移籍!1部昇格の切り札となるか?
【J2】福岡が16戦ぶりの敗戦で首位陥落。徳島が2点差を逆転し1位に踊り出る!遠藤保仁の出場試合で無敗の磐田は7位に浮上
「クボがトリデンテに入る」久保建英はエース復帰でもスタメン入りか? 現地紙はトップ下起用の可能性も予測
【J1ベストイレブン】「役者が違う」印象度抜群のプレーを披露した川崎のバンディエラが初選出&今節最高評価!|25節

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ