【J2】福岡が16戦ぶりの敗戦で首位陥落。徳島が2点差を逆転し1位に踊り出る!遠藤保仁の出場試合で無敗の磐田は7位に浮上

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年11月01日

3位・長崎、4位・北九州が揃って勝利

遠藤保仁の2得点に絡む活躍で首位福岡を退けた磐田。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 J2リーグは11月1日、各地で第30節の11試合を開催。首位・福岡が敗れ、2位・徳島が代わって首位に浮上した。

 15戦無敗の首位・アビスパ福岡は、遠藤保仁の出場試合では無敗のジュビロ磐田のホームに乗り込んだ。試合は前半終了間際に磐田にFKを与えると、キッカーの遠藤からの精度の高いフィードが中川創の頭にピタリと合い、ヘディングシュートでネットを揺らされる。福岡が1点を先行される。さらに後半にも遠藤を起点とした攻撃から、最後は小川航基に決められ0-2とリードを広げられる。終盤に遠野大弥が一矢報いるものの、反撃及ばず。福岡は1-2で16試合ぶりの敗戦となった。勝点は59で足踏みし、首位陥落。一方の磐田は勝点を44に伸ばし、7位に浮上した。

 2位の徳島ヴォルティスは、20位ザスパクサツ群馬と敵地で対戦。前半にオウンゴールから先制を許すと、1分後に大前元紀に決められ前半だけで2点のビハインドを背負う。しかし後半は立ち上がりに杉森考起、56分にはジエゴがゴールを決め振り出しに戻すと、群馬の猛攻に遭うもののアディショナルタイムに河田篤秀がゴールを決め逆転勝利。勝点を59として、得失点差で福岡を上回り首位に浮上した。
 
 3位のV・ファーレン長崎は12位ながら総得点51とリーグトップの攻撃力を誇る水戸ホーリーホックをホームで迎え撃った。37分に前嶋洋太の得点で先制されるものの、カイオ・セザールのゴールで前半のうちに追いつくと、後半は名倉巧、ルアンが得点を重ねリードを広げる。さらに横浜F・マリノスからレンタル加入したばかりのエジガル・ジュニオが、交代出場からアディショナルタイムに早速ゴールを決め、4-1で快勝。勝点を54に伸ばした。

 4位・ギラヴァンツ北九州は敵地で13位・ツエーゲン金沢と対戦。髙橋大悟、ディサロ燦シルヴァーノがゴールを挙げ2点リードで折り返すと、後半もディサロと鈴木国友がゴール。相手の反撃を山根永遠の1点に抑え、こちらも4-1で快勝した。勝点を50とし、上位との差を縮めている。

 11月1日に開催されたJ2第30節の結果は以下の通り。※左側がホームチーム

松本2-1山口
栃木0-0甲府
大宮0-3琉球
新潟2-2東京V
金沢1-4北九州
京都3-0山形
岡山3-2千葉
長崎4-1水戸
磐田2-1福岡
町田1-2愛媛
群馬2-3徳島

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

J2リーグ 順位表
【関連記事】
40歳・遠藤保仁に感嘆。「ピルロのような」傑出したゲームメイクとディフェンスを支えるものは?
「イメージ通りのFK」で23年連続ゴール! 40歳・遠藤保仁がジュビロ勝利の立役者に
「神様 仏様 ヤット様」「J2じゃ反則レベルだな」遠藤保仁のFKからの磐田初ゴールにファン大興奮!
「なぜホンダに蹴らせない」PK失敗のボタフォゴDFに批判殺到!騒動の舞台裏と本田圭佑の“影響力”をブラジル人記者が明かす【現地発】
【引退会見全文】川崎のバンディエラ、中村憲剛が胸中を激白!「今シーズン限りで川崎フロンターレを引退します」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ