【J1ベストイレブン】「役者が違う」印象度抜群のプレーを披露した川崎のバンディエラが初選出&今節最高評価!|25節

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年11月02日

敗れはしたが個の力を十分に示したディエゴ・オリヴェイラもチョイス

【25節のベストイレブン】

画像を見る

 J1リーグは、10月31日に各地で、第25節の7試合が行なわれた。ここでは、今節の試合からサッカーダイジェストWeb編集部が選定したベストイレブンを紹介していく。

 川崎フロンターレのレジェンドが圧巻のパフォーマンスを披露した。

 40歳の誕生日当日に行なわれたFC東京との“多摩川クラシコ”で先発を飾った中村憲剛は、1-1に追いつかれて迎えた74分、左サイドを突破した三笘薫のグラウンダーの折り返しに絶妙なポジショニングでゴール前に詰め、左足で合わせてネットを揺らす。見事勝ち越しゴールを奪いチームを12連勝に導き、トップ評価の「8」をマーク。怪我での離脱もあって今回初選出となった川崎のバンディエラを今節のMVPとした。

 またこの試合において、川崎からは先制点に繋がるPKをお膳立てし守備でも多大な貢献をした守田英正を、対するFC東京からは献身的なプレーを続け、巧みな仕掛けから相手GKのニアを抜く強烈な一発で得点を挙げたディエゴ・オリヴェイラを選出した。
 
 10戦負け無しの3連勝を達成した2位のガンバ大阪から2選手をチョイス。苦しい時間帯に流れを引き戻す同点ゴールをゲットした井手口陽介、投入直後のセットプレーで決勝弾を決めたパトリックと、両選手ともに2回目のベストイレブンとなった。

 敵地で完封勝利を収めた名古屋グランパスからも2選手をセレクト。中谷進之介は得点ランク2位のエヴェラウドを抑え込むなど最終ラインを引き締めた。マテウスはペナルティエリア内でこぼれ球に反応しPKをもらうと、終盤には追加点を挙げ2ゴールに絡む決定的な仕事をやってのけた。

 そのほか、スコアレス決着となったベガルタ仙台とサンフレッチェ広島の一戦からは、両チームの無失点の立役者を選択。前者はファインセーブを連発した守護神のヤクブ・スウォビィクを、後者ではロングボールを跳ね返し、終盤の猛攻時にも対人の強さを発揮した荒木隼人を選んだ。

 7試合ぶりに無失点で終えた清水エスパルスからは、守備での貢献が目立ったヴァウドとヘナト・アウグストの助っ人コンビを選出している。

【PHOTO】J1第25節“ベストイレブン”に選出された11人を厳選ショットで紹介!
 
【関連記事】
【引退会見全文】川崎のバンディエラ、中村憲剛が胸中を激白!「今シーズン限りで川崎フロンターレを引退します」
【J2】福岡が16戦ぶりの敗戦で首位陥落。徳島が2点差を逆転し1位に踊り出る!遠藤保仁の出場試合で無敗の磐田は7位に浮上
「なぜホンダに蹴らせない」PK失敗のボタフォゴDFに批判殺到!騒動の舞台裏と本田圭佑の“影響力”をブラジル人記者が明かす【現地発】
「まだ超一流なのに」「不意打ちすぎるよ…」中村憲剛の現役引退発表にファンも衝撃!
「日本最高峰のプレーヤー」40歳で現役引退を発表した中村憲剛に、海外メディアが賛辞「輝かしいキャリアだ」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ