マドリーの構造的欠陥を見抜いたグアルディオラの「奇襲的采配」【小宮良之の日本サッカー兵法書】

カテゴリ:連載・コラム

小宮良之

2020年08月11日

グアルディオラが狙い撃ちにした選手は?

シティに狙い撃ちにされたカゼミーロ。リーガ制覇には大きく貢献したが…。(C) Getty Images

画像を見る

 マドリーは、臆したようなポゼッションで、逆に弱みを突かれてしまった。その点、ヴァランヌはシーズンワーストのプレーだったと言える。1点目だけでない。2点目も単純に裏に蹴られたボールの処理を誤り、バックパスを奪われているのだ。

 そしてグアルディオラが狙い撃ちにしたのは、ソリッドなマドリーの象徴とも言えるカゼミーロだった。

 カゼミーロは、バックラインの前の守備のフィルターとして、ジネディーヌ・ジダン監督から全幅の信頼を受ける。彼が中央部を分厚く守ることで、堅守カウンターが成立。リーガ優勝の殊勲者の一人だ。

 しかし主導権を握ろうとするチームで、カゼミーロは凡庸なMFである。味方がプレッシングを受ける中、なす術がなかった。フォデンにコースを断たれると、ピッチから消えた。結果、トニ・クロース、もしくはルカ・モドリッチがバックラインまで下がったが、攻め手は減った。カゼミーロは無力化され、あまつさえ、相手の決定機につながるパスミスまでした。

袋小路に追い込んだのは、グアルディオラの知略である。

文●小宮良之

【著者プロフィール】
こみや・よしゆき/1972年、横浜市生まれ。大学在学中にスペインのサラマンカ大に留学。2001年にバルセロナへ渡りジャーナリストに。選手のみならず、サッカーに全てを注ぐ男の生き様を数多く描写する。『選ばれし者への挑戦状 誇り高きフットボール奇論』、『FUTBOL TEATRO ラ・リーガ劇場』(いずれも東邦出版)など多数の書籍を出版。2018年3月には『ラストシュート 絆を忘れない』(角川文庫)で小説家デビューを果たした。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月21日発売
    10年ぶりのスクデットへ!
    名門ミラン、復活
    強いロッソネーロが帰ってきた
    豪華インタビューも掲載
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ