マドリーの構造的欠陥を見抜いたグアルディオラの「奇襲的采配」【小宮良之の日本サッカー兵法書】

カテゴリ:連載・コラム

小宮良之

2020年08月11日

S・ラモス個人の穴はミリトンが埋めたが…

(左から)G・ジェズス、スターリング、フォデンの立ち位置を変えたグアルディオラの策は見事にはまった。(C) Getty Images

画像を見る

 チャンピオンズ・リーグ、ベスト8入りを懸けたセカンドレグ。マンチェスター・シティは、本拠地でレアル・マドリーを2-1で下し、見事に勝ち上がっている。敵地でのファーストレグも、1-2と白星を飾っていただけに優位ではあったのが……。

 シティの指揮官であるジョゼップ・グアルディオラの采配の秀逸さが目立った一戦と言えるだろう。

 グアルディオラは、若いフィル・フォデンをゼロトップ気味に最前線に配置し、右にラヒーム・スターリング、左にガブリエウ・ジェズスを置いた。本来、スターリングは左、ジェズスはトップ、フォデンはトップ下のような選手だが、定石を打っていない。言わば、奇襲的な用兵だ。

 マドリーは逆転するため、敵地でも攻めに出ざるを得なかった。ビルドアップし、主導権を握ろうとした。慣れない戦い方で、隙を狙われることになった。

 走力のあるフォデンが、背後にいるマドリーのMFカゼミーロへのコースを切りながらプレッシングでスイッチを入れる。続いてスターリング、G・ジェズスが蓋をした。これで、ビルドアップを分断することに成功。そして8分、ラファエル・ヴァランヌがもたついてボールを奪ったところ、エリア内でスターリングが押し込んだ。
 
 グアルディオラは、マドリーの構造を見抜いていた。

 マドリーは、各選手が世界的な名手でレベルが高い。しかし、守備面でリーダーシップをとっているのは、セルヒオ・ラモスである。そのキャプテンが不在の穴は大きかった。

 この日、S・ラモス個人の穴を埋めたのは、ブラジル代表エデル・ミリトンだった。実は、ミリトン自身は悪いプレーはしていない。際立ったスピードを生かしたディフェンスなどは、むしろS・ラモスの大味なディフェンスを凌駕していた。

 しかし、サッカーはチームスポーツである。ラモス不在によって、周りの選手たちがいつものプレーができなかった。例えば、つなげることを指示されていたとしても、S・ラモスなら危険度を察知し、個人の判断で単純にクリアしていただろう。たとえ不格好でも、まずは危険を回避し、腹を括って守りを固めながら、カウンターの機会をうかがうべきだったが……。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    5月13日発売
    決定版が完成!!
    EURO2020
    展望&ガイド
    出場24か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月27日号
    5月13日発売
    J29年目突入記念企画
    J1&J2全42クラブの
    歴代レジェンドを
    格付け!!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月6日発売
    欧州サッカー
    夏の移籍市場
    新マニュアル
    新時代の強化戦略を読み解く!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ