【CLポイント解説】マンチェスター・C 1-2 バルセロナ|かからなかったマンCのプレスとメッシの脅威

カテゴリ:ワールド

豊福晋

2015年02月25日

「今日は勝つことが大事だった」とL・エンリケ。

1点差に追い上げられた直後の71分、ラキティッチに代えてマテューを投入し、このマスチェラーノを中盤へ。守備を固めるL・エンリケの慎重な采配が奏功した。 (C) REUTERS/AFLO

画像を見る

メッシのPKを止めるなど、何度も好セーブを見せたハート。第2レグに望みを繋ぐ殊勲の活躍だった。 (C) REUTERS/AFLO

画像を見る

3)1点を守りにいったL・エンリケの慎重な采配
 
 アグエロにゴールを許して1点差に詰め寄られた直後の71分、バルサのL・エンリケ監督がすかさず動く。
 
 CBマテューを投入してマスチェラーノを最終ラインから中盤の底に上げると、アンカーのブスケッツを右のインテリオール(インサイドハーフ)に配置し、中盤の守備を最大限に強化した。
 
 マテューとの交代でベンチに下がったのはラキティッチ。同じポジションのシャビやラフィーニャを投入することもできたはずだが、指揮官が優先したのはあくまでも中盤の守備だった。トドメを刺す3点目を狙うのではなく、慎重に1点を守りにいったL・エンリケ。
 
「今日は勝つことが大事だった」
 このコメントに、すべてが表われていた。
 
4)守護神ハートがシティの望みを繋ぐ
 
 バルサに許したチャンスの数を考えれば、負けたとはいえ1点差で第2レグを迎えられることは、シティにとって幸いだと言えるだろう。
 
 その意味で称賛すべきは、決定的なピンチをいくつか防いだGKのハートの働きだ。
 
 スアレスとの1対1を止め、終了間際にはメッシのPKをブロック。このどちらかを決められていたら、第2レグを待たずに勝敗の行方は決まってしまっていたはず。1点差に詰め寄ったアグエロのゴールも貴重だが、それ以上にハートのセーブが大きかった。
 
文:豊福晋

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月11日発売
    WSD責任編集
    永久保存版
    ディエゴ・マラドーナ
    追悼号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月3日発売
    移籍専門記者が解説
    超ビッグネームの
    去就予測2021
    特製壁掛けカランダー付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.31
    12月8日発売
    今年も決定版が完成!
    第99回高校選手権
    選手権名鑑
    男子出場全48チームを網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ