【CLポイント解説】パリSG 1-1 チェルシー|勝ち切れなかったパリSGの消極性、アウェーゴールを奪ったチェルシーの上出来

カテゴリ:ワールド

片野道郎

2015年02月18日

ともに局面を進めるよりも、ボールを失わないことを優先。

D・ルイス(右端)をアンカーに起用して守備を固めたパリSG。この消極策で前半を無駄にしたことが、勝ち切れなかったひとつの要因だろう。 (C) Getty Images

画像を見る

リスク回避を主眼に置いたチェルシー。このアザールとウィリアンの両翼も見せ場を作れず、後半はシュート0本に終わった。 (C) Getty Images

画像を見る

1)どちらも腰が引けていた前半
 
 前半は両チームとも慎重な入り、と言えば聞こえはいいが、どちらもラインを低めに保ってプレスの開始位置をハーフウェーラインよりも下に設定。組み立てでもリスクを冒さず、局面を前に進めるよりもボールを失わないことを優先するという、まったく腰が引けた戦いぶりだった。
 
 アウェーのチェルシーが受けに回るのはある意味で当然だが、ホームのパリSGまで、アンカーにD・ルイスを起用して守備を固め、スローテンポで慎重な戦いに終始したのは意外だった。
 
 カウンターからアウェーゴールを喫するのを怖れたためだろうが、前半のボール支配率は47対53。消極的な姿勢で前半を無駄にしたことが、パリSGが勝ち切れなかった原因のひとつだったのは間違いない。
 
2)限られた攻め手
 
 見どころの少ない前半にポイントがあったとすれば、リスクを最小限に抑えることを優先しつつ、どこで相手のゴールに迫ろうとするか。
 
 パリSGは、コンパクトな陣形を保って中央に固まるチェルシー守備ブロックに対し、その外からクロスを送り込んでフィニッシュにつなげようと試みた。11分にはマテュイディ、イブラヒモビッチが立て続けにクロスに頭で合わせたが、クルトワの好セーブに阻まれる。この場面が前半最大のチャンスだった。

 一方のチェルシーは、D・コスタにロングボールを入れてチームを押し上げようと試みるが、T・シウバが的確なマークと読みで常にクリア、ほとんどボールに触らせない。
 
 アザール、ウィリアンの両ウイングもドリブルで仕掛ける場面がまったく作れず、流れからの決定機がゼロだったことはもちろん、ペナルティエリアに侵入する危険な場面すらほとんどなかった。
 
3)決め手はセットプレー
 
 そんなユルい流れの前半でチェルシーが先制したのは、セットプレー崩れの場面から。右サイド30メートルほどのFKからの流れで、クロスのクリアボールをテリーが拾って中央に折り返し、ケイヒルがヒールで触れたボールがイバノビッチの頭にぴったり合ったという、CB3人の共演(!)による半ば偶然のゴールだった。
 
 とはいえ、ケイヒルがフリーだったのはカバーニがマークを放したせいで、D・ルイスもマークについていたイバノビッチに背後を取られてシュートを許すなど、パリSGの小さなミスの重なりが致命傷となった。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月25日・3月11日合併号
    2月10日発売
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想、開幕戦の見どころ、
    今季の注目株etc を総ざらい!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月18日発売
    2020-21シーズン
    最終陣容が確定!!
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ