世界が注目したブンデス再開、浮き彫りになったメリットと問題点。求められるのは「指先の感覚」だ【現地発】

カテゴリ:ワールド

中野吉之伴

2020年05月22日

再開マッチで8人が負傷と報道された

クラブロゴ入りのマスクを着用する、ブレーメンのコーフェルト監督。クラブ事に色とりどりのマスクを用意しているようだ。 (C)Getty Images

画像を見る

 試合を終えて、ドイツ代表トニー・クロースは「ドイツでできなければ、他のどこでもできない」とコメントした。現時点では、試合までの流れに関して大きな問題も混乱もなく、スタジアムや町中で騒ぐファンも出ていない。時計の針が止まっていたサッカー界における大きな希望となりえるのか、その徹底した衛生対策と試合運営があれば他国でも無観客試合を開催できるのではないかと、ガイドラインとして参考にされているはずだ。

 ただ、すべてがうまくいっているわけではない。実際に今節だけで8人もの選手が負傷したというニュースもあった。選手が対応しきれないのは致し方ないことだ。ブンデスリーガのクラブは、すべてのクラブが同じようにトレーニングを開始できたわけではなかった。

 州に決定権があるため、それぞれのクラブで許可された内容が異なる。感染率が低い地域では個別練習から少人数でのグループ練習、そこからさらに7~8人グループでのトレーニングに取り組めていたクラブがある。一方で、厳しい制限が引かれている州ではグループ練習が2~3人のままで、なかなかそれ以上でのグループ練習が認められないクラブもあった。リーグを再開するのならば、トレーニング開始時期も合わせるべきだという主張もされていたが、結局これが受け入れられることはないまま、今に至っているのが現状だ。

 リーグ再開が決まったあと、各クラブで全体練習が許可され、約1週間で実戦を迎えた。例えば、ブレーメン監督フロリアン・コーフェルトはコロナ中断期間を利用して、コンディション状態の向上に取り組み、おかげで今は今季最高の状態だと話していたが、試合におけるコンディションはやはり違うだろう。

 そういう意味では、本来であれば再開できる状態・状況ではないまま再開に踏み込んだのが事実だ。通常のリーグ戦であれば、開幕前に6~8週間のプレシーズンがあり、そのなかでコンディションを作り上げる時期があり、テストマッチで体と頭と心を調整していく時期を経て、個々のプレーとチームのプレーを融合させていく。それでもリーグ開幕に、すべて万全に整うことはまれだ。どれだけ準備万端で臨んでも、テストマッチとリーグ戦は違うのだ。

 どれだけ普段通りにプレーをしようとしても、選手たちはそもそも普段通りの準備もないままに公式戦に挑んでいる。責任感を持ってプレーしようとすればするほど、無理をした動きが負荷として体にのしかかり、負傷の危険性はどうしたって高くなってしまう。プロ選手だからと、人間の体は、負荷がかかれば傷つくのだ。
 
【関連記事】
「クリスマス?」「ダサい、そして安っぽい…」流出したアーセナルの来季ホームユニ画像に、多数のファンが拒否反応?
ドイツ人記者が選ぶブンデスリーガ過去20年のベスト11「唯一バイエルンでプレーしなかったのが…」【現地発】
「圧巻すぎる」「満員だ!」ボルシアMGが1万2000人分超の“サポーター”をスタジアムに設置!
サッカー界のトレンドに? ラツィオが無観客試合に備え“写真サポーター”を募集! 「再開を現実的なものとし…」
ブンデスリーガでさえも低下していた「ファンの存在意義」。“無観客”で明らかになったのは…【欧州発】

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    7月15日発売
    完全保存版
    EURO2020
    大会総集編
    熱狂の全試合を網羅!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月12日号
    7月21日発売
    いよいよ開幕!
    東京五輪・男女サッカー
    展望&ガイド
    金メダル奪取への道筋を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月15日発売
    EURO2020
    出場24か国の通信簿
    &欧州主要クラブ
    開幕フォーメーション大予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ