アジアカップ2015

【日本代表戦術検証】突き詰められなかった守備の形

カテゴリ:日本代表

清水英斗

2015年01月24日

気になった守備時の長谷部の動きと周囲の連動

香川、遠藤、長谷部の中盤のトライアングルは攻撃面では機能。しかし、守備面では多くの課題を残した。 写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 ところが、守備はそうではない。
 
 4試合を通じて気になったのは、ディフェンス時におけるアンカーの長谷部と、その周囲の連動だ。アンカーとは、錨(いかり)の意。船体を水上の一定範囲に固定するために、海底に沈めて使う道具のことだ。このポジションに入る長谷部は、中盤の底に錨を下ろし、チームの攻守を安定させる役割を担う。
 
 だが、初戦のパレスチナ戦で目立ったのは、その長谷部がサイドへ出て行く場面だった。右SBの酒井高徳とマッチアップした7番のアシュラフ・アルファワグラは、個の能力が高いため、長谷部がフォローに行き、2対1を作るシーンが多かった。問題は生じなかったが、注意したいのは、アンカーが“外れた”状態であることだ。もしも、パレスチナにそこから中央のスペースへ展開する力があれば、危機は訪れる。
 
 イラク戦では、もう少し大きな問題になった。長谷部がマッチアップする17番のアラー・アブドゥルザラを、サイド寄りへ追撃して中央を離れ、アンカーが外れる。しかもパレスチナ戦とは違い、そこで潰し切れず、突破される場面が目立った。
 
 ここで求められるべきは、長谷部が出て行かず、マークを受け渡すこと。あるいは、中盤の三角形がカバーの機能を果たすことだ。アンカーが出て行くのなら、ボールとは反対側のインサイドハーフが斜めに下がり、長谷部が空けたスペースを埋めなければならない。ちょうど、三角形がグルグルと回転するような格好だ。
 
 しかし、結局のところ、この三角形で上手く対応することはできず、遠藤→今野泰幸の交代でシステムを4-2-3-1に変更して、凌いでいる。昨年11月のオーストラリア戦と似た要領だ。
 
 そして、残念ながら敗れてしまった準々決勝のUAE戦。ここでは問題がさらに大きくなり、失点につながった。
 
 キーポイントになったのは、右サイドハーフに入った10番オマール・アブドゥラフマン。ポジション的には長友佑都と対面するが、右サイドに留まらず、中央へ入ったり、あるいは自陣へ引いたりと、広範囲に動き、日本のマークを混乱させた。
 
 長友はどこまで彼を追いかけるべきか、明らかに迷い、受け渡しにも苦労した。そして開始早々の7分、パスを回された日本は、サイドへ流れた5番アメル・アブドゥラフマンをフリーにしてしまい、裏のスペースへ飛び出した7番アリ・マブフートに、ボレーで決められてしまう。
 
 失点の直接的な原因は、最終ラインにある。森重が「(吉田)麻也との距離が開いてしまった」と語るように、7番マブフートに飛び出しやすいスペースを与えてしまったことは否めない。その結果、吉田のカバーが遅れてシュートを許した。
 
 だが、その開いてしまう距離感を埋めることも、アンカーの役目だ。ボールの出どころに対する守備の人数は足りていたので、長谷部がアンカーの位置に留まっていれば、最終ラインのカバーに入り、密度を高めることもできた。実際、長谷部はそれを上手く実践するプレーも多かったのだが、この場面については、中盤の三角形がそのままスポッと抜けてしまったかのように、前線と最後尾が間延びした。
 
 アンカーが外れる時は、そこで潰し切らなければならない。あるいは、反対側のインサイドハーフがカバーに戻らなければならない。守備の機能性においては、香川、遠藤、長谷部の三角形には、まだまだ問題がある。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月12日号
    11月28日発売
    2019冬の移籍マーケット
    番記者が推奨する
    J1&J2全40クラブ
    「補強3か条」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月5日発売
    ビッグネーム移籍
    「噂の真相」
    EURO2020最速ガイドに
    特製カレンダーも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ