今季ブンデス「0」ゴールの鎌田大地。それでも監督が重宝し、クラブが契約延長を望む“実力派”へと変貌している【現地発】

カテゴリ:海外日本人

中野吉之伴

2019年12月26日

「成長は感じている」

ELアーセナル戦での2ゴールは、当時の相手指揮官ウナイ・エメリにとっての決定打にもなった。 (C) Getty Images

画像を見る


「(監督からの)信頼は、感じることができているので、いいことだと思う。僕自身も、だんだんチームの軸というか、真ん中のポジションで、だいぶ僕の形というのも作れるようになってきた。そういう部分では、成長を感じています。

 ただ、得点だけがリーグ取れていないので、そこだけ伸ばせれば…。一年というか、あと半年後、シーズン終わった時に見れば、すごく成長しているんじゃないかなと」

 そういえば、ELグループリーグ6戦目のギマラエス戦(12月12日)で、フランクフルトはベンチにFWが不在という事態だった。しかし、試合後の記者会見でヒュッター監督は「場合によってはダイチをFWにあげて中盤に選手を交代でいれようと思っていた」と狙いを明かした。それほど、鎌田ひとりに様々な役割を期待している。

 実際、この試合で一時は逆転となるゴール(38分)を挙げてしまうのだから素晴らしかった。ヒュッターも「2点目はうれしい。トレーニングした通りだ。ヘルタ戦と同じような形。機能した」と称賛の言葉を残していた。

 そんな鎌田に、フランクフルトは契約延長のオファーをすでに準備しているようだ。現地でもそのように報道されている。

「契約延長の話は結構前というか、もう夏過ぎから『冬に話そう』とは言われています。僕自身はそんなに焦ってないので、これから考えようかと。代理人にうまく話し合ってもらって…。でもまずはプレーに集中しないと。(契約のことは)代理人に任せます」

 今季前半、ブンデスでのゴールは0。だが、ヘルタ戦ではVARによって無効となった幻の初ゴールを決めた。そして、S・リエージュ戦での2アシスト、アーセナル戦での2ゴール、ギマラエス戦での1ゴールが、鎌田の追い風になったのは間違いない。だが、それ以前から彼のパフォーマンスに対する評価は非常に高かった。主力としての自覚も芽生え始め、そしてその成長はまだまだ続いていくだろう。

 2020年、きっと鎌田はさらなる飛翔を遂げるだろう。

取材・文/中野吉之伴
【関連記事】
「クリスマスに会うという仲の良さ」「鎌田くんは全部…」遠藤航がベルギー日本人戦士の貴重な5ショットを投稿!
「アリガトウ、カマダ」アーセナルサポが鎌田大地へ感謝? OBから痛烈批判のエメリ監督は「解任間近」と現地報道
「苦しいサッカー人生で…」長谷部誠がブンデス300試合達成に明かした想い。一回り年下の後輩・鎌田大地は――
「アリガトウ、カマダ」アーセナルサポが鎌田大地へ感謝? OBから痛烈批判のエメリ監督は「解任間近」と現地報道
「エメリを不幸せにした」鎌田大地がEL初ゴール含む2得点で勝利の立役者に! フランクフルトが敵地でアーセナルに逆転勝ち!!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ