埼スタを沈黙させたアル・ヒラルと浦和の差は「助っ人」にあり。世界進出へ問われる強力な外国人選手の必要性

カテゴリ:Jリーグ

羽澄凜太郎(サッカーダイジェストWeb)

2019年11月25日

“ポンテ・ライン”が結果に結びつかない現状

得点が期待されながら、それに応えられなかったファブリシオ(12番)の責任は小さくない。 写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 思い返せば、浦和の2度に渡るアジア制覇の時には、常に傑出した個の能力を有した助っ人外国人がいた。2007年であれば、ロブソン・ポンテとワシントン。2017年はラファエル・シルバだ。

 そんな彼らと比べても、ファブリシオとエヴェルトン、それからベンチで戦況を見守っていたマウリシオとメンバーから外れたマルティノスは、明らかに実力で見劣ってしまう。ましてや、アル・ヒラルの3人とはかなりのクオリティーに差があったのは、言うまでもない。

 もちろん、全責任が助っ人選手にあったなどと言うつもりはない。だが、本来チームのクオリティーを高め、欠点を補うべき存在である彼らが、アル・ヒラルの3人は対照的にまったくと言っていいほど存在感を発揮できなかったことが、完敗の主因の一つになったのは、間違いないだろう。

 近年の浦和は、クラブOBのポンテ氏がゼネラル・ディレクターを務めるポルティモネンセから3シーズン連続で助っ人を補強している。だが、そのパイプが結果に結びついていない以上は、違う路線に舵を切る必要性があるのではないだろうか。

 それは結果論ではないかという意見もあるだろう。だが、試合後の取材で、「チームとして、外国籍選手の枠っていうのを上手く使って、強化していく必要性が今後あるのかなと思います」と語った槙野の言葉からも、再び世界へ羽ばたくために、浦和は来るオフシーズンに実力派助っ人を迎え入れる必要があると、筆者は考える。

取材・文●羽澄凜太郎(サッカーダイジェストWeb編集部)
 
【ACL決勝第2戦】浦和0-2アルヒラル|白熱の攻防を見せるも…過密日程の中、ACL準優勝

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ