【ACL採点&寸評】浦和0-2アル・ヒラル|完敗の内容…モチベーションでは埋まらない差を見せつけられたのは?

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年11月25日

[ACL決勝・第2レグ]浦和0-2アル・ヒラル/11月24日/埼玉スタジアム

【警告】浦和=関根(43分)、青木(54分)、岩波(57分) アル・ヒラル=なし
【退場】浦和=なし アル・ヒラル=なし

画像を見る

[ACL決勝・第2レグ]浦和0-2アル・ヒラル/11月24日/埼玉スタジアム

【チーム採点・寸評】
浦和 4
決勝は勝利と敗戦に天地の差がある。結果のみならず、2戦ともに完敗と表現するしかないゲーム内容で、相対評価するなら圧倒的な差があった。


【浦和|採点・寸評】
GK
1 西川周作 5.5
初戦の出場停止から復帰。危険な場面を何度も止めて残り約15分まで望みをつないだが……。2失点はいずれもゴール目前まで崩されてのもの。

DF
31 岩波拓也 5
プレスの圧力でビルドアップに苦戦。吹っ切れたように関根まで飛ばしたサイドチェンジはあった。クロスのコースに入ってブロックする場面もあった。

4 鈴木大輔 4.5
ゴミスやジョビンコに背負って受けられる時、相手を制限するには至らなかった。マイボール時にも相手を動かせなかった。

5 槙野智章 4.5
高い位置を取らせたい関根の背後をカバーするだけの余裕はなかった。試合後は「コテンパンにやられた」と話すしかなかった。
MF
27 橋岡大樹 4.5
相手の左SBアル・シャハラニを地上戦でも空中戦でも上回ることができなかった。ファブリシオへの好クロスが1本のみ。

16 青木拓矢 4.588OUT
相手の効率的な攻撃に奔走させられた。ビルドアップの質という点でも、相手ダブルボランチとの差は歴然だった。

8 エヴェルトン 5.5
ボール際で渡り合えていた唯一の存在。ただし、前線のプレスに参加した後にサイドのヘルプも要求されるのはオーバータスクにすぎる。

41 関根貴大 4
初戦で翻弄されたペルー代表MFカリージョへのリベンジを期したが、モチベーションでは埋まらない差を見せつけられてしまった。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月27日号
    2月13日発売
    新シーズンを徹底展望
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    選手名鑑を特別付録で!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月6日発売
    欧州強豪クラブの
    最終スカッドが確定!
    「冬の選手名鑑」
    写真&コメント付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ