「俺は戦ってきてない…」全く輝けなかった“浦和の太陽”柏木陽介。ACL決勝後に去来した想いとは?

カテゴリ:Jリーグ

羽澄凜太郎(サッカーダイジェストWeb)

2019年11月25日

試練の連続だった1年に抱いた悔しさ

63分からピッチに送り出された柏木だったが、試合の流れを変えることができないまま、タイムアップの瞬間を迎えた。 写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

「個人的にも、正直、出られなかった悔しさもある」

 2009年にサンフレッチェ広島から加入して10年。常にタイトルを求められてきた浦和レッズの司令塔として、酸いも甘いも噛み分け、人一倍の責任感を背負ってきた男だからこそ、柏木陽介は自身への悔しさを隠せなかった。

 11月24日に埼玉スタジアムでアル・ヒラル(サウジアラビア)とアジア・チャンピオンズリーグの第2レグを戦った浦和。この日、ベンチスタートだった柏木に出番が巡ってきたのは、63分だった。

 控えメンバーの中でも、停滞していた攻撃にアクセントを付けられる数少ない存在だったナンバー10は、「ボールに触れて、一発狙えればいいな」とセットプレーも含めて、相手の隙を探ったが、打開策を見いだせず。その間にチームは74分と後半アディショナルタイム3分に失点を重ね、アジア制覇の夢も儚く散った。

 最後まで輝けなかった柏木。思えば、今シーズンは試練の連続だった。5月に右膝関節軟骨損傷で離脱を余儀なくされ、手術を経て7月に戦列復帰を果たしたが、コンディション調整にも苦しみ、満足に出場機会を得られない時を過ごした。間違いなくそこに“浦和の太陽”とサポーターたちに崇められた10番は存在していなかった。

 もどかしいシーズンを過ごしたなかで、追い打ちをかけるような今回の決勝での完敗。試合後、柏木は、「途中から出てなんとかしたいなかで、自分が入ってから失点してしまったもどかしさもある」と、その胸に去来する想いを打ち明けた。

「色々と今年1年は自分にとって、すごく苦しい1年で、ここでなんとかという気持ちはあったんやけど、それもできることなく終わってしまったし、チームになにも還元することなく終わっていったから、もっと人としても強くなりたいし、サッカー選手としてもうまくなりたい気持ちが強い」

 柏木は、さらに現在のチーム状況も踏まえつつ、こう続けた。

「元々個人でなんとかするタイプの選手ではないと把握していて、ここまでサッカー人生をやってきた。周りが良くて自分が良くなるし、自分がいいと周りも良くなる。それはすごく感じているから……。それを感じられるサッカーを、また浦和としてやっていけたらなと、個人的には思ってる。

 別に今日の試合がどうこうというよりは、俺は戦ってきてないというか。気持ち的には戦ってきたつもりやけど、ピッチに立って、試合をしてこなかったから。だから、試合に出ていた選手とは違う悔しさがある」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ