【横浜】マルコス・ジュニオールが「だから必ず優勝できる」と言い切れる理由は?

カテゴリ:Jリーグ

広島由寛(サッカーダイジェスト)

2019年10月17日

自分の得点も「チーム全体の力で取ったもの」

今季はここまで27試合に出場して13ゴールをマーク。得点王も狙える位置にいるが、本人は「正直、全然考えていない」。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 ピッチ上では、当初は4-3-3システムの左ウイングを担当し、一時CFを任されたあと、現在のトップ下に落ち着いた。いずれのポジションでも質の高いプレーを見せていたが、複数の役割をこなす難しさは、特に感じていなかった。

 ブラジルではトップ下だけでなく、「サイドハーフでもCFでもプレーしてきました。だから、どのポジションで起用されても順応は早いと思います」と、さらりと言ってのける。

 なかでも、トップ下がやりやすいようだ。サイドでのプレーも好きで「裏に抜けたり、斜めに走って相手の最終ラインの背後を突く動きも気に入っている」が、「サイドでは守備の部分が、簡単ではありませんね」と認めている。またCFは「ゴールにより近いのが魅力」だが、「あまりボールに絡めない時間もあったりするので」と、物足りなさを感じる時もある。

 一方で、トップ下では「すごく気持ち良くプレーさせてもらっている」。足を止めず、常に動き回って攻撃のあらゆる局面に顔を出すことが特長でもあるだけに、トップ下はまさに適材適所。マルコス自身、「今のチームのスタイルを考えれば、トップ下でなら僕の能力を一番活かせると思うし、貢献できるはず」と手応えを語る。

 相手を背負った状態でボールをコントロールしなければならない場面は少なくないが、流れを切らないよう、自分が受ける前に必ず周りの状況を確認し、ドリブルかパスか、ターンできるかなど、複数の選択肢から何がベストかを瞬時に判断するように心がけてもいる。
 
 横浜の攻撃のキーマンは、同時に貴重な得点源でもある。13ゴールは得点ランキングでトップタイの数字。当然、得点王を狙っているかと思いきや、マルコスは「正直に言うと、全然考えていなくて」と吐露。ゴールを自分の手柄とも思っていない。スコアラーは『マルコス・ジュニオール』と記されても、それは「チーム全体の力で取ったもの」という意識のほうが強い。

 しかも、今はトップ下でプレーしている。「もしCFであれば、数字にこだわって、貪欲にゴールを求めるかもしれないけど」、得点よりもパサーとしての仕事を重視している。守備も含め、「総合的にチームに貢献しなければいけない」というスタンスで、そのうえで得点できればなおベターだと考えている。

 基本的には、自分が得点しなくてもチームが勝てば、それでいいと思っている。もっとも、チャンスがあれば積極的にゴールは狙っていくつもりだ。「リーグが終わった時点で、得点ランキングの結果がどうなっているか。それは楽しみですけどね」と、意欲をのぞかせる。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月13日号
    1月23日発売
    2020年版
    J1&J2リーグ
    戦力充実度ランキング
    最新移籍情報を網羅!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月16日発売
    世界王者の強さに迫る!
    最強リバプール
    「完全解剖」
    サイドバック企画も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ