【横浜】マルコスと仲川で『フュージョン』のゴールパフォ。そこで生まれたのは――

カテゴリ:Jリーグ

広島由寛(サッカーダイジェスト)

2019年05月26日

「テルには言い忘れていました(笑)」

磐田戦のゴールパフォでは『フュージョン』を披露。M・ジュニオールと仲川が融合した結果、「生まれたのがエジガルです」(M・ジュニオール)。写真:滝川敏之

画像を見る

[J1第13節]横浜4-0磐田/5月26日/日産スタジアム

 均衡を破る鮮やかな一撃だった。40分、相手のクリアボールを拾ったマルコス・ジュニオールは巧みなステップで左に持ち出し、そのまま左足を一閃。見事なコントロールショットでネットを揺らした。2戦連発、今季通算7得点目となる先制点だった。

「テル(仲川輝人)にパスを出そうと思ったけど、DFにカットされてしまって。でも、その後の僕のリアクションは相手より速くて、トラップして、左に持ち替えて。シュートが入って良かったです」
 
 漫画『ドラゴンボール』にちなんだ恒例のゴールセレブレーションでは、今回は「フュージョン」を披露。仲川と両手の人差し指を合わせ、それでできた輪の中から、エジガル・ジュニオが飛び出すというパフォーマンスだった。
 
「事前にエジガルとは打合せをしていて、テルには言い忘れていました(笑)。でもあの場面で『フュージョン、フュージョン』と言って、テルが理解して、付き合ってくれました。そこでエジガルが後ろで構えて、我々のフュージョンの結果、生まれたのがエジガルという(笑)。面白いゴールパフォーマンスだったと思います」
 
 E・ジュニオはこの日、PKを含む2得点の大活躍。4-0の完勝をもたらすハイパフォーマンスは、M・ジュニオールと仲川の“融合”のおかげだったか――。
 
取材・文●広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト8月22日号
    8月8日発売
    真のキーマンは!?
    J1全18+J2注目4クラブ
    2019年夏「戦術ガイドブック」
    札幌&柏ダイジェストも必見!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月19日発売
    2019-2020シーズン
    プレミアリーグ
    選手名鑑&開幕ガイド
    全20クラブを完全網羅!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ