【モンゴル戦のスタメン予想】“王道メンバー”から複数人を入れ替えか? 負傷欠場・大迫の代役は…

カテゴリ:日本代表

本田健介(サッカーダイジェスト)

2019年10月09日

周囲との連係を考えればCFは南野が適しているのでは?

埼玉スタジアム2002で前日練習を行なった日本代表。笑顔が見られるシーンもあった。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 ボランチは軸の柴崎岳と、FC東京で奮闘する橋本拳人が先発すると予想。特に国内組の橋本は移動もなく、コンディションは良いはず。9月のミャンマー戦、パラグアイ戦でも先発し、アピールしただけに、モンゴル戦への想いも強いだろう。
 
 ただ、シュツットガルトではベンチ生活が続く遠藤航、フローニンヘンではCBのスタメンとして成長する板倉滉に経験を積ませるのもありだろう。
 
 中盤2列目はミャンマー戦で1ゴールを奪った中島翔哉、PSVで復調している堂安律の“お馴染み”のコンビになるのではないか。もっとも、このふたりを欠いた際に攻撃のクオリティが落ちるのがチームの課題であり、原口元気、伊東純也をスタメンでテストする必要性もある。

 そしてこのゲームで最も読めないのが、太ももの負傷で大迫勇也が選外となった、2トップの組み合わせだ。その代役として指揮官が招集したFWは3人。スピードが武器の永井謙佑、浅野拓磨、Jリーグ時代はトップ下として活躍した鎌田大地だ。もっとも3人とも抜群のキープ力を誇る大迫とはタイプが異なり、チームとして彼らをどう活かすかも未知数。
 
 森保監督は「コンセプトを伝えて、こういうプレーをしてほしいと話せば、起点となるプレーをしてくれる」と期待を寄せる。だが、周囲との関係性、機動力の高さを考えれば、短時間ではあるが、6月のコロンビア戦でCFを務めた経験のある南野拓実が、CF大迫の代役に最も適しているようには感じる。そして本来、南野が務めるセカンドトップには、マジョルカでプレーする久保建英が入るのではないか。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月21日発売
    数多のドラマと議論を生んだ
    黄金のナンバーを深掘り!
    「背番号10」のすべて
    欧州4大の10番名鑑付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ