あだ名は「エンジニア」!? ”フィジカルモンスター”・オルンガが、知られざるキャリアを語る

カテゴリ:Jリーグ

志水麗鑑(サッカーダイジェスト)

2019年08月13日

海外挑戦の真相。「実は15年シーズンの途中から…」

オルンガが欧州挑戦をした経緯について、話してくれた。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 ケニアで充実したキャリアを過ごしたオルンガには、「海外に挑戦したい」気持ちが膨らんでいた。16年、その野心はすぐに現実となる。

「実は15年シーズンの途中から、スウェーデン1部リーグに所属するユールゴーデンのスカウトが、僕のプレーをチェックしてくれていた。シーズン後に受けたトライアルで合格し、4年契約。

 でも、初の海外は本当に大変だった。冬の時期にマイナス5度にもなる気候は未経験ですから生活するのも難しく、プレーも上手くいかない。試合に出られなくて得点も0で、約半年を棒に振って悔しかった」
 
 それでも辛抱強くトレーニングを続け、異国の地にも慣れ始めると、ついにその日がやってくる。16年の8月8日、ヨーテボリ戦でようやく初ゴールを奪ったのだ。するとそこから怒涛の勢いでゴールを重ねた。

「結果的に16年はチームトップの12ゴールを決めて、良いシーズンだった。その後は、僕の活躍を見てくれた中国の貴州智誠から、当時(ユールゴーデンとしては)クラブ最高額のオファーを受けて、チームにお金を残すためにも移籍した」

 しかし、中国では9試合・2得点と成績が振るわず、17年9月にスペインのジローナへレンタル移籍する。

「世界最高峰のリーグであるラ・リーガでのプレーは、自分のキャリアのなかで最も重要な経験だった。子どもの頃から憧れているバルサ(バルセロナ)やレアル(・マドリー)と対戦できるなんて、夢のようだったし、今でも満足している」
 
 スペインで最も記憶に残っているのは18年1月13日、後半途中から出場したラス・パルマス戦だ。

「ハットトリックできて、今でもあの喜びを覚えている。ラ・リーガでケニア人として初の得点を記録できたのは誇りだね」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月12日号
    11月28日発売
    2019冬の移籍マーケット
    番記者が推奨する
    J1&J2全40クラブ
    「補強3か条」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月5日発売
    ビッグネーム移籍
    「噂の真相」
    EURO2020最速ガイドに
    特製カレンダーも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.29
    12月11日発売
    「2019選手権名鑑」
    男子出場48校・1437選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場32校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ