【セルジオ越後】メルカリのアントラーズ買収、不安もある一方でイニエスタ級のタレント獲得にも期待したい

カテゴリ:Jリーグ

連載・コラム

2019年08月09日

アントラーズにも大胆な動きを見せてほしい。

楽天が経営する神戸は、イニエスタなどのスターを獲得してきた。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 Jリーグは絶頂期だった開幕当初と比べれば、今はメディア露出も少ない。だから、サッカーに投資する魅力が減ってきているのは間違いない。宣伝効果がどれだけあるかで、スポンサーも都合が変わってくる。それにもかかわらず、経営危機のクラブを救ってくれた企業はたくさんあるよね。

 2000年の冬に経営危機に陥ったヴァンフォーレは、2001年からはくばくがメインスポンサーになった。2017年に同じく経営危機が発覚したV・ファーレンもジャパネットが同年に全株式を取得。企業に支えられ、ヴァンフォーレは2005年に、V・ファーレンは2017年にJ1初昇格している。
 
 ゼルビアはJ1ライセンスがなかったけど、2018年に買収されたサイバーエージェントのサポートもあってスタジアムや練習場、クラブハウスの改修に動き出している。J1ライセンスを申請して、判定結果は9月下旬に発表されるようだ。
 もちろん、こうした企業によるサポートは助かる。ただ一方で、日本サッカーが安定していないとも見てとれるんだ。もし、Jリーグがハイレベルで経営も好調で、選手たちの給料も高かったら、急増した海外移籍も必要なくなるよ。
 
 今後の注目は、やはりアントラーズの動向だね。今夏には、安部(→バルゼロナ)、鈴木(→シント=トロイデン)、安西(→ポルティモネンセ)を欧州クラブに引き抜かれた。いずれも、これから日本代表にも絡んできそうな実力者だ。
 
 彼らの穴を埋めるのは誰になるのかな? レイソルから小泉、グランパスから相馬を獲得し、加入内定していた法政大の上田を前倒しで入団させている。だけど現状の戦力では、どうしてもインパクトに欠ける。8月30日に正式に経営権が譲渡されてから、移籍市場でどんな変化が起こるのだろうか。

 川崎製鉄から楽天に経営権が映ったヴィッセルは、ポドルスキ、イニエスタ、ビジャ、フェルマーレンと驚きの補強を展開している。資金力を持つ企業が筆頭株主になったのなら、ぜひアントラーズにもそのくらいの大胆な動きを見せてほしいよ。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月13日号
    1月23日発売
    2020年版
    J1&J2リーグ
    戦力充実度ランキング
    最新移籍情報を網羅!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月16日発売
    世界王者の強さに迫る!
    最強リバプール
    「完全解剖」
    サイドバック企画も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ