メルカリが鹿島の筆頭株主へ!現母体の日本製鉄と株式譲渡契約を締結、8月30日に新体制へ移行

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年07月30日

「独立したクラブ運営を尊重しながら、当社が持つ経営ノウハウを活用」と声明

メルカリが鹿島アントラーズ・エフ・シーの筆頭株主に。クラブ運営にはいかなる変化が表われるのか。写真:滝川敏之

画像を見る

 スマホ向けフリマアプリ「メルカリ」の企画・開発・運営を行なうメルカリ社は7月30日、同日開催の取締役会で、日本製鉄から鹿島アントラーズを運営する「株式会社鹿島アントラーズ・エフ・シー」の発行済株式の61.6%を取得することを決議し、日本製鉄と株式譲渡契約を締結したことを発表した。持ち株比率は、メルカリが61.6%で筆頭株主となり、日本製鉄が11.0%、地方自治体が10.8%、その他企業が16.6%となる。株式譲渡が実行される8月30日をもって、メルカリが経営権を取得。新体制が公表されることになる。


 鹿島アントラーズは、1991年にJリーグ創設とともに誕生したオリジナル10のクラブのひとつで、住友金属サッカー団を母体として発足。J1リーグ、リーグカップ、天皇杯、そしてACLなど、これまで合計20のタイトルを獲得してきた。

 クラブは今回の株式譲渡契約の締結にあたり、「メルカリは、日本だけでなく世界のトップを目指す鹿島アントラーズの姿勢に共感し、ともに世界を目指す仲間として2017年にクラブオフィシャルスポンサー契約を締結して以来、鹿島アントラーズをサポートしてまいりました。 
このたび、メルカリの持つテクノロジーと経営ノウハウを提供することが、さらなる経営基盤の強化に繋がると判断し、日本製鉄から株式を譲り受ける契約を締結するにいたりました。」との声明を発表した。
 
 一方で、2017年からスポンサーとして鹿島をバックアップしてきたメルカリ側も「このたび、当社と鹿島アントラーズとの関係をより強固にすべく、鹿島アントラーズがメルカリグループに参画することについて合意するに至りまし た。今後は、鹿島アントラーズの独立したクラブ運営を尊重しながら、当社が持つ経営ノウハ ウを活用し、ファンやサポーターの皆様に愛され、世界に挑む鹿島アントラーズのさらなる発展をアントラーズファミリーとしてサポートしてまいります。また、当社としても鹿島アントラーズの強いブランド力によって、当社のブランド価値の向上と、当社が運営する『メルカリ』及び『メルペイ』のさらなる顧客層拡大につなげてまいります」といった声明文を発表している。

 メルカリの経営権取得によって今後、鹿島のクラブ運営にどのような変化が表われるのか、注目されるところだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ラグビーダイジェスト
    10月25日発売
    完全保存版
    ワールドカップ2019
    大会総集編
    全試合を徹底詳報!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト11月28日号
    11月14日発売
    冬の移籍マーケット
    Jリーガー、欧州組etc
    注目株30人の
    「去就大予測」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月7日発売
    バロンドール候補から
    知られざる実力者まで
    世界を沸かせる
    最新「HOT 100」
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ