【セルジオ越後】欧州移籍を容認し、すぐに買い戻す…Jクラブと選手の関係は、なんとも甘い

カテゴリ:連載・コラム

サッカーダイジェスト編集部

2019年07月10日

今の宇佐美や関根が、多くの観客を呼べるとは思えない

G大阪に復帰した宇佐美。海外移籍で実績を残せなかった鬱憤を、Jリーグで晴らせるか。(C)J LEAGUE PHOTOS

画像を見る

 ドイツでプレーしていた宇佐美がガンバに、ベルギーのクラブに在籍していた関根がレッズに戻ってきたね。さらにガンバには井手口まで復帰する噂も出ている。
 
 ガンバとレッズの両サポーターにとっては大きなニュースだと思うけど、決して喜ばしいことではないよ。海外でプレーしていた選手が日本に戻ってくるのは、最近ではよくある傾向だし、出番を失って帰ってきているケースがほとんどだ。
 
 プロサッカー界は契約社会だから、「必要なし」と判断されれば、選手はクラブを変えざるを得ない。つまり日本に帰ってきたら「世界では必要とされなかった」というレッテルを貼られても仕方がない。
 
 近年はセレッソでも、柿谷、山口が、一度海外に出てから長くは続かず戻ってきた(編集部・注/山口は今季から神戸に移籍)。
 
 もうキャリアの晩年を迎えていて、愛するクラブで引退したいというのなら話は分かる。母国アルゼンチンのボカに戻ったテベスのように、世界の第一線で活躍した選手でも、かつて育ったクラブに帰る人は実際に多いからね。
 
 ただ宇佐美も関根も、それに柿谷、山口にしても、老け込むにはまだ全然早い。サッカー選手としてこれから、という時期に挑戦を諦めてしまうのは、実にもったいないよ。
 
 それに、どうしてほとんどの選手が古巣に戻るのだろう。向上心をもって海外移籍に踏み切ったのなら、国内に戻ってくる時も、すでに地位が確約されているクラブに入るよりも、他チームの競争で揉まれたほうが、よっぽど成長できると思うよ。なんだか移籍というよりも、“留学”というイメージに近いよね。
 
 逃げ道を作っているように見えるし、そうした選手とクラブの関係を見ると“アマチュアっぽい”と感じる。厳しく言えば、それは“甘え”なんだ。例えば元セレッソの選手が、宿敵のガンバに移るとか、そういった電撃的な移籍があったほうが面白いし、クラブ間の競争につながるよね。それこそがプロの世界なんだ。
 
 正直、今の宇佐美や関根が、多くの観客を呼べるとは思えない。なにか海外で実績を残したわけではないからね。もちろんガンバやレッズのサポーターは集まるだろうけど、例えばイニエスタのように、サッカーに興味がなかった人が「有名人だから観にいってみようかな」という気にはおそらくならないだろう。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月23日号
    7月9日発売
    J1&J2全40クラブ
    総合ランキング
    順位予想&観戦ガイドに
    偉業達成のヤット特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ