「久保よりも良い」バルサBでデビューを飾った安部裕葵、現地の反応は上々も…公式アカウントには批判が殺到!?

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年08月02日

文字情報によるライブ中継のみ

日本ツアーを終えてスペインに戻り、Bチームに合流した安部。 (C) Getty Images

画像を見る

 鹿島アントラーズからスペインの強豪バルセロナのBチームに移籍した安部裕葵が、スペインでデビューを果たした。

 日本ツアーに帯同した後、バルサBに合流した安部は、現地時間7月31日に行なわれた3部(実質4部)のサンフェリウエンとのテストマッチに途中出場。3-0とリードして迎えた67分、背番号22を背負ってピッチに登場した。

 これがスペインでのデビュー戦となった安部。そのプレーぶりを、現地紙『Mundo Deportivo』は「途中出場ながら、優れたテクニックを発揮した。クラブは彼の様子を見守り、ファンはバルセロナの“賭け”がどう転ぶか見ることになるだろう」と報じている。

 また、スペイン紙『SPORT』のアンヘル・ロシェ記者は、「安部は後半途中から現われ、インサイドハーフでプレーした。20分程度と短い時間ながら、自らの優れたクオリティーを見せ、観ている人間に鮮烈な印象を残した」と称えている。

「アジアツアーでは負傷のために試合には参加できなかったが、指揮官のカルシア・ピミエンタはすぐにデビューの機会を与えた。屋内トレーニングが続いているなかでも、技術的、戦術的な能力はそれを保証するものだと判断されたからだ」

 また、この試合を観戦したファンは、「プレースタイルがデニス・スアレスに似ている気がする」、「久保よりも良いんじゃないか」、「アザールよりもアベのほうがいい」と、概ね評価している。

 ただ、バルサに対しては不満の声も上がっている。このテストマッチは映像での中継がなく、バルサBの公式ツイッターでは文字情報によるライブ中継が行なわれていた。そして67分に、長らく負傷で戦列を離れていたフェラン・サーサネダスとともに安部が投入されることをツイートすると、リプライには現地ファンから批判が殺到した。

「なぜ、この試合を中継しない!」、「どうしてファンが、こんな記念すべき瞬間を見られないんだ!」、「トップチームも含めてバルサ・ファミリーを応援しているのに…なんという大惨事」、「あなた方が中継しないから僕らはその瞬間を見逃すんだ…」といった恨み節が続々寄せられた。それだけ、新戦力である安部の注目度が高かったとも言えるだろう。

 今後、バルサBは現地時間8月3日にコパ・カタルーニャ初戦でオスピタレット(3部)と対戦する。安部の公式戦デビューとなるのか、現地でも注目が集まりそうだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ラグビーダイジェスト
    10月25日発売
    完全保存版
    ワールドカップ2019
    大会総集編
    全試合を徹底詳報!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト11月14日号
    10月24日発売
    2019年J1&J2全40クラブ
    先取移籍マーケット
    冬の補強戦略
    U-17W杯開幕ガイドも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月7日発売
    バロンドール候補から
    知られざる実力者まで
    世界を沸かせる
    最新「HOT 100」
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ