なぜ、ユベントスはサッリを招聘したのか? カギとなったのはクラブカルチャーの「革命」

カテゴリ:メガクラブ

片野道郎

2019年07月10日

チェルシーでの失敗を繰り返さないためには…

C・ロナウドやディバラなどのスター選手が独特でシステマチックなサッカーに馴染めるか。それがサッリにとって最初の課題となる。写真:Alberto LINGRIA

画像を見る

 そうしたクラブカルチャーレベルの「革命」を前提とするならば、噂に挙がった候補の中でグアルディオラに次いで親和性が高いのはサッリだろう。デシャンやジャルディム、そしてモウリーニョはアッレーグリと同タイプであり、S・インザーギやミハイロビッチは現在のユーベにとって物足りない。

 サッリのサッカーは、戦術的な約束事が多く、選手に自由な発想よりもタスクの厳格な遂行を求める。チェルシーでは途中から選手が指示に耳を貸さなくなり、ナポリ時代のような緻密な連携による組織的なメカニズムが十分に機能しなくなって、エデン・アザールを筆頭とするワールドクラスの個人能力で帳尻を合わせたような部分があった。

 ユーベでそれを繰り返さないためには、まずチームが新監督のサッカー観、戦術を納得して受け入れ、100%遂行することが不可欠だ。サッリにとってはそれが最初のハードルになるだろう。

文:片野道郎
※『ワールドサッカーダイジェスト』2019年7月4日号から転載

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月27日発売
    充実の決定版が完成!
    2019-20
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月24日号
    9月10日発売
    引退記念特集
    ありがとう! 内田篤人
    骨太キャリアを完全収録
    J1&J2全クラブ戦力チェックも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月17日発売
    2020-21欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    メガ15クラブの
    選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ