• トップ
  • ニュース一覧
  • 「欧州レベルのフィジカルではないが…」久保建英の「強み」と「弱み」をスペイン・メディアが徹底分析!

「欧州レベルのフィジカルではないが…」久保建英の「強み」と「弱み」をスペイン・メディアが徹底分析!

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年06月30日

スペイン・メディアが絶賛したポイントは?

効果的なドリブルや敵の意表を突くパスでチャンスを演出。惜しいシュートも放った。(C)Getty Images

画像を見る

●ストロングポイント

「モハメド・サラーやマルティン・ウーデゴーのような、小柄な左利きの有望株の多くは、すぐに“新しいメッシ”と呼ばれる。なかでも、なぜ久保がそのアルゼンチン代表FWに最も近いタイプと言われるのか、その片鱗を見せた。彼はチリとエクアドルを相手に、合計14回のドリブルを試みて、そのうちの8つを成功させた。

 さらに、彼はパスというオプションがあり、素早くワンツーをし、ボールを受け取ると急加速してシュートするその能力は、たびたびディフェンダーを後退させた。攻撃を締めくくるために、シュートを打つことも恐れていなかった。

 最も印象に残ったのは、攻撃面でのインテリジェンスだ。久保は何度も小さなスペースを見つけてはボールを引き出した。チリ戦の前半は、敵に捕まり前進できなかったが、60分を過ぎてマークが緩くなった後は、スペースを活用していた。

 エクアドル戦でも同じだった。ボールを保持すると、対峙する相手に仕掛けるか、敵の最終ラインを切り裂く縦パスを送るか、ベターな選択をした。

 この試合で、久保は信じられないことに7つのキーパス(シュートに繋がるパス)を供給した。日本のベストプレーヤーだった。チームメイトがゴールに収めてくれれば、彼は2、3のアシストを記録しただけでなく、準々決勝でプレーしていただろう」

 記事は最後にこうまとめている。

「経験豊富な戦士たちと一緒にブラジルまで行ったことで、久保は評判を高めた。見るべき才能がそこにあった。マドリディスタは、期待すべきだ。新シーズンのカスティージャでは(今夏にサントスから加わったブラジル人の)ロドリゴと久保が両サイドに位置取り、頻繁にポジションチェンジをしながら、ディフェンスを翻弄してシュートを放つシーンが見られるかもしれない」

 コパ・アメリカでの“お披露目”により、さらに期待値が上がった感のある久保。白いシャツを纏ってどんなプレーを見せてくれるのか。注目は高まるばかりだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
【関連記事】
久保建英の「推定市場価格」が400%の大幅アップ! 日本人総合ランキングでは何位に?
【証言構成】現役日本代表が語る「久保評」
「“皇帝”クボがマドリーを惑わせる!」「契約は驚き」スペイン地元紙が久保建英を特集! 気になるプレシーズンの動向は?
「美男美女ですね!」R・マドリーの中井卓大が投稿した姉との2ショットに反響! 久保建英との共演を望む声も続々
「東京での時間を一生忘れない」。久保建英が壮行セレモニーでラストメッセージ
バルサ関係者が明かす久保建英との交渉決裂の舞台裏「この契約はリスクの高いローンのようなものだった」【現地発】
久保建英のマドリー移籍をスペインの名物記者はどう見たのか?「活躍する可能性は十分にある。だがバルサに行くべきだった」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズン最後の風物詩
    6月12日発売
    2023-2024
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の完全保存版
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    6月20日発売
    EURO2024
    出場24か国
    選手名鑑
    最終確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ