【証言構成】現役日本代表が語る「久保評」

カテゴリ:日本代表

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2019年06月29日

久保の凄さを“DF目線”で分かりやすく説明してくれたのが…

A代表の試合でも確かな存在感を示す久保。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 ボールを持てば何かやってくれそう──。今季のJ1リーグ、さらにエルサルバドル代表とのキリンチャレンジカップ(親善試合)、さらにコパ・アメリカのエクアドル戦で感じたことをひと言で表現するなら、こうなる。とにかく見ていて楽しいアタッカー、それが久保建英なのだ。
 
 久保の凄さを“DF目線”で分かりやすく説明してくれたのが、現日本代表で32歳の長友佑都である。
 
「なんていうか、ドラえもんみたい。引き出しが多すぎて、何を出すか分からない。本当に読めないよね。左利きの選手(久保はレフティ)って、止めやすいんですよ、僕は。左足でのクロスやカットインとか、外から中に仕掛けてくる相手には対応しやすい。でも、(久保)建英の場合は縦にも行ける持ち方をするので、中だけを切れない。あの持ち方は本当に。凄い才能ですよ」
 
 中にも縦にも行ける、言い換えればプレーの選択肢が豊富ということになる。対峙するDFからすれば、次の一手が読みにくいわけで「めちゃくちゃ嫌なタイプ」(長友)だ。
 
「ドリブルだけならいいけど、建英はパスもある。そのパスも視野的にゴールへとつながるところに出すから怖い。(飛び込もうにも)ボールが(久保の)真下にあるからね。その状態でキュンと緩急をつけたり、ボールを動かしたりするので(DFからすれば)厄介ですよ。緩急に加え、スピードもあって、ここにきてフィジカル的な部分も伸びてきた。久しぶりに化け物が出てきたって感じです」
 
 無暗に突っ込んだら簡単にかわされる。そういうイメージがあるから、長友にとって久保は「厄介」なのだろう。事実、長友はこの18歳のアタッカーを「最悪のプレーヤー」と評す。
 
「ドリブル一辺倒の選手だったらやりやすいですよ。そういう選手なら自分の間合いで勝負できる自信があって、絶対にやられない。ただ、建英みたいな選手は……。常に味方と“つながっている”からマークするのが難しい。中にいる味方へのパスコースを切ると、それを察知して縦に仕掛けられたり、縦を切ったら、今度は違うスペースを使われる。それって、最悪でしょ。相手からすれば、(久保は)最悪のプレーヤーですよ」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月9日号
    6月23日発売
    Jリーガー200名が選ぶ
    「天才番付」
    Jリーグ再開ガイドに
    高校サッカー逸材図鑑も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ