久保建英の「推定市場価格」が400%の大幅アップ! 日本人総合ランキングでは何位に?

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年06月29日

コパ・アメリカでは全3試合に出場

コパ・アメリカで小さくない存在感を発揮した久保。スペインでの活躍に注目が集まる。(C)Getty Images

画像を見る

 東京五輪世代の若手主体のメンバーで、ブラジルでのコパ・アメリカに臨んだ日本代表は、1999年以来2度目の出場となった舞台で、初戦のチリ戦で0‐4の大敗を喫すると、ウルグアイ(2-2)、エクアドル(1-1)と連続ドロー。目標だった南米の地での初勝利には手が届かず、2分1敗でグループステージ敗退となった。

 ただ、南米の強豪を相手に若手が奮闘するなど、収穫も多かった。とりわけ、ウルグアイから2ゴールを奪った三好康児とともに、小さくないインパクトを残したのが久保建英だ。

 大会前にFC東京からレアル・マドリーへ電撃移籍を果たした俊英は、チリ戦とエクアドル戦で先発し(ウルグアイ戦は途中出場)、華麗なドリブルや正確なパスでたびたび決定機を創出するなど、持ち味を存分に発揮。エクアドル戦で試合終了間際のゴールがオフサイドと判定され、A代表初得点はならなかったが、その堂々たるプレーぶりは称賛を集めた。

 R・マドリーというビッグクラブに移籍したことも含め、久保の評価は着実に高まっているようだ。

 ドイツの移籍専門サイト『transfermarkt』が日々更新している「推定市場価格」にも変化があった。これは、世界中のフットボーラーを対象に能力や実績、年齢、過去の移籍例などを総合的にジャッジして弾き出される評価額で、移籍マーケットにおける“価値”を示す指標として定評がある。

『transfermarkt』は6月27日に久保の推定市場価格を更新。これまでの50万ユーロ(約6500万円)から200万ユーロ(約2億6000万円)に跳ね上がり、400パーセントの大幅アップとなった。これは現役日本人選手では23位タイとなる(総合ランキングは次ページ)。
 
 ちなみに、6月28日時点での「全日本人選手・推定市場価格トップ30」を見ると、2500万ユーロ(約32億5000万円)の中島翔哉がダントツ。これは日本人選手の歴代で見てもナンバー1だ。

 2位は、6月12日に750万ユーロ(約9億7500万円)から1000万ユーロ(約13億円)へと大きくジャンプアップした堂安律。3位は、900万ユーロ(約11億7000万円)で武藤嘉紀と冨安健洋が並んでいる。

 まさに飛ぶ鳥を落とす勢いの久保が、今後もマドリーのカスティージャ(Bチーム)や日本代表で結果を残せば、推定市場価格が加速度的に上昇していく可能性も小さくないだろう。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月13日号
    7月22日発売
    2020年シーズン更新版
    J1&J2全40クラブ
    最新戦術ガイドブック
    攻守のメカニズムを徹底分析!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月16日発売
    初夏の風物詩
    2019-2020シーズン
    BEST PLAYERを発表!
    リバプール優勝記念特集も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ