【現地発】大迫勇也が待望のブンデス復帰を果たした裏で―――ボルシアMGは再起の幕開けを迎えていた。

カテゴリ:ワールド

中野吉之伴

2019年04月15日

ボルシアMGの再奮起はブレーメン戦で手ごたえを得た

ヘキングは自らの進退を以って、選手たちに発破をかけたのかもしれない。 (C)Getty Images

画像を見る

 当時を知るマティアス・ギンター(現ボルシアMG)は「あの時のドルトムントは今の僕らとすごく似たような状況だった。(クロップの辞任発表後)チームは一丸となって戦い通すことができた。今だってそうだ。僕らは目標を達成するためにもう一度自分たちの力を引き出してみせる」と誓っている。

 監督辞任決定の発表後に挑んだ4月7日のブレーメン戦は、チームの新しい顔を見せなければならない試合だったのだ。

 ヘキングはガラッと戦い方を変えた。これまでの4バックから3バックに変更し、両翼にはパトリック・ヘアマンとトルガン・アザールを起用した。両者は攻撃だけではなく守備にも存在感を発揮し続けた。そして、一番の驚きはキャプテンのラース・シュティンドルをスタメンから外したことだろう。

「まず彼と朝から長い時間、話し合いをした。キャプテンは私の右腕に等しい。ここ数週間、パフォーマンスが下がっていた。最も難しい決断だった。だがキャプテンでもそうした状況ならばベンチに座らなければならない」

 ヘキングは試合後の記者会見でそう説明した。だがテレビインタビューでは執拗にこの件を聞かれたためか、こうも反論している。

「今チームは難しい状況にある。どうやってこのチームを立て直していくかにみんなが立ち向かっているのに、メディアは個人に関することを聞きたがる。EL出場に向けてチームとして戦おうとしている。どの選手も必要なんだ。シュティンドルももちろん、その一人だ」

 チームのために。それを一番体現していたのがクリストフ・クラマーだろう。14年ブラジルW杯で優勝した元ドイツ代表の選手は、今季はベンチに座ることも少なくなかった。だがクラブの窮地にベテランは確かな存在感をみせた。身体を張り、どこまでも走り続け、攻撃ではシンプルなプレーでリズムを作っていく。

 8分、中盤でラシツァからボールを奪うと、すかさず観客にサポートをアピール。チームはそんなクラマーに引っ張られるように、激しいプレーの連続でブレーメンに自由にプレーをさせなかった。

 確かにこの試合は、途中出場した大迫勇也に79分、見事なアシストを許して同点に追いつかれ、勝利することはできなかった。それでもファンからは、温かい拍手が惜しみなく送られていた。

「2-0のチャンスを生かせなかった。ダブルボランチはいいプレーを見せてくれたし、一度気を抜いてしまったのは残念だが、今日はブンデスリーガの試合に勝つために必要なものを見せてくれたと思う」

 ヘキングはこの試合をこのように総括した。勝利に越したことはない。だがこれまで失っていた大事なものがチームに蘇ったのを感じたのだ。

 ボルシアMGは翌週のハノーファー戦も1-0で勝ち切り、EL参加権が与えられるリーグ5位に浮上。4位のフランクフルトとは1ポイント差に肉薄している。

 残り数試合も彼らは捨て身で戦うことだろう。その姿を見届けたい。

文:中野 吉之伴

【著者プロフィール】
なかの・きちのすけ/1977年7月27日生まれ。秋田県出身。武蔵大学人文学部欧米文化学科卒業後、育成層指導のエキスパートになるためにドイツへ。2009年7月にドイツ・サッカー協会公認A級ライセンス獲得(UEFA−Aレベル)。SCフライブルクU-15チームで研修を積み、2018-19シーズンからは元ブンデスリーガクラブのフライブルガーFCでU16監督を務める。「世界王者ドイツ年代別トレーニングの教科書」(カンゼン)、「ドイツの子どもは審判なしでサッカーをする」(ナツメ社)執筆。オフシーズンには一時帰国して「グラスルーツ指導者育成」「保護者や子供のサッカーとの向き合い方」「地域での相互ネットワーク構築」をテーマに、実際に現地に足を運んで様々な活動をしている。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • スラッガー5月増刊号
    4月1日発売
    ICHIRO MLB全軌跡2001-2019
    衝撃の記憶 名場面13選
    全3089安打詳細記録
    2019日本開幕シリーズ レポート
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月25日号
    4月11日発売
    東京五輪の主役候補を追え!!
    97~03年生まれ限定
    次世代タレント200選
    クラダイは名古屋&柏!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月18日発売
    2019年 夏の移籍マーケット
    「空前の大シャッフル」
    を読み解け!
    強豪15クラブはどう動く!?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ