「ユウヤを失うことがどれだけの損失か」大迫勇也の復帰戦、ブレーメン指揮官が青ざめた“危険なプレー”に言及

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年04月09日

指揮官は大迫に絶大な信頼を――。

大迫がザカリアからチャージを受けた問題のシーン。この後、足を抱えてしばらくピッチに倒れ込んでいた。 (C)Getty Images

画像を見る

 ブレーメンは4月7日、ブンデスリーガ第28節でボルシアMGと対戦。昨年12月22日のRBライプツィヒ戦以来のリーグ戦出場となった大迫勇也が1点を追う52分から途中出場して、同点ゴールをアシストした。

 地元紙『Kreiszeitung』は、「どうやら彼はまだ“完全復帰”には程遠いようだ」と評しつつも、試合後に大迫の復帰を喜ぶブレーメン指揮官フロリアン・コーフェルトのコメントを紹介している。

「ユウヤが復帰できたことをとても嬉しく思っている。チームにとって彼を失うことがどれだけ大きい損失だったのか。今日の試合を見てもらえば、その理由が分かってもらえただろう」

 だが、大迫がピッチに登場して約5分後に起きたアクシデントには、指揮官も血の気が引いたようだ。センターサークル付近でボールを保持した際、ボルシアMGのMFデニス・ザカリアからチャージを受けた大迫は、足を抱えて倒れ込み、しばらく立ち上がれなかった。

 同紙は「この時、指揮官のみならずスタッフ、選手たちは大きく抗議のアクションを起こした。このプレーはレッドでもおかしくなかったが、イエローカードのみで済まされたことに皆が驚いていた」と綴り、判定に疑問を呈した。

 コーフェルト監督もこの場面で大袈裟な身振りで抗議していたが、試合後はこのように語っている。
 
「もちろん心配はしたさ。ただ、レフェリーの判断についてはコメントをしたくない。感謝すべきことはひとつだ。あの場面でもユウヤが無事に立ち上がってくれたことを、本当に嬉しく思っている」

 ブレーメンのフランク・バウマンSDも大迫の復帰について、こう語っている。

「大迫はフィールド上でトッププレーヤーだと証明した。フルタイム(90分間)のプレーが難しいのは、コーフェルトも私も把握している。だが、徐々にプレー時間を増やしていくことができれば、彼はシーズン中にスターティングイレブンにも“復活”できるだろう」

 ブレーメンは第28節を終え、現在リーグ8位につけている。ヨーロッパリーグ(EL)出場権が与えられる5位のボルシアMGとは5ポイント差、ELの予選に参加する権利が付与される6位のヴォルフルブルクとは2ポイント差である。

 シーズンは残り6試合で、ブレーメンは4月12日にホームでフライブルクと対戦し、19日には首位バイエルンと対戦。そして、3日後にはDFBポカール準決勝で、再びバイエルンと対戦することが決まっている。この一戦に勝利すれば、同クラブにとって9年ぶりの決勝進出となる。

 正にシーズン終盤の山場を迎えたブレーメン。待望の復帰を果たした大迫は、その期待に応えられるか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • スラッガー5月増刊号
    4月1日発売
    ICHIRO MLB全軌跡2001-2019
    衝撃の記憶 名場面13選
    全3089安打詳細記録
    2019日本開幕シリーズ レポート
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月25日号
    4月11日発売
    東京五輪の主役候補を追え!!
    97~03年生まれ限定
    次世代タレント200選
    クラダイは名古屋&柏!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月18日発売
    2019年 夏の移籍マーケット
    「空前の大シャッフル」
    を読み解け!
    強豪15クラブはどう動く!?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ