【現地発】大迫勇也が待望のブンデス復帰を果たした裏で―――ボルシアMGは再起の幕開けを迎えていた。

カテゴリ:ワールド

中野吉之伴

2019年04月15日

監督辞任が発表された直後の試合だった

ハードワークが持ち味のクラマーの復帰は、チームの雰囲気を確かに変えた。 (C) Getty Images

画像を見る

 大迫勇也がブンデスに復帰したあの試合、ボルシアMGがブレーメンをホームに迎えた一戦での出来事だ。記者席に、空席を見つけ出した二人の若者がさりげなく座り込んでいた。ちょうど私のすぐ近くだった。ふたりはスタッフにばれないようにできるだけ声を潜めて”記者っぽい空気”を出しながら試合を観戦していた。

 ただ、”その瞬間”だけは感情を抑えることができなかったようだ。

 試合が動いたのは49分、中盤でボールをキープしようとしていたブレーメンのマックス・クルーゼが足を滑らせてボールを失う。そのボールを奪い、フリーでゴール前に抜け出したフロリアン・ノイハウスがGKをかわし、待望の先制ゴールを決めた。

 会場が突き上げるような歓喜の渦に包まれる中、ふたりの若者も立ち上がり、机をたたき、大声で叫び、喜びのガッツポーズを繰り返していた。ふと騒ぎすぎてしまったと周囲を気にしたようだったが、取り越し苦労だった。彼らだけではなくスタジアムのスタッフも一緒になって大喜びしていたのだから。

 19年2月から、ボルシアMGは不調が続いていた。第20節終了時にはバイエルンと同勝点でリーグ2位につけていたが、以降は全く勝てなくなってしまったのだ。27節にはデュッセルドルフにアウェーで1-3と完敗し、順位を5位へと下げた。気がつけば、バイエルンとの勝点差は14にも広がっていた。このままではCLどころかEL出場さえも確かではない。

 この状況からどのように這い上がるのか。チームマネージャーのマックス・エッベルは「最も困難な決断」をしなければならなかった。デュッセルドルフ戦を終えた後の4月2日、今シーズン限りでディーター・へキング監督との契約を打ち切ると発表したのだ。

 そして、ヘキングもその決断を受け止めた。納得できるものではなかったはずだし、怒りですぐに辞任という選択肢もあったろう。だがチームへの、クラブへの、そしてファンへの思いが、最後まで自分の仕事を全うしようという覚悟に変わったのだと思う。

 ボルシアMGの状況は、14-15シーズンのドルトムントに似ている。シーズン序盤からリーグでなかなか勝ち点を積み重ねることができず、残り6試合を残した段階で10位と苦しんでいた。

 ユルゲン・クロップ監督はチームの状況を一変とさせるべく、シーズン終了後に辞任すると決断。これがきっかけとなった。チームはクロップの決意を受け止めた。新たな力が宿った。そこから猛反撃を成功させ、最終的にEL出場を果たしている。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • スラッガー5月増刊号
    4月1日発売
    ICHIRO MLB全軌跡2001-2019
    衝撃の記憶 名場面13選
    全3089安打詳細記録
    2019日本開幕シリーズ レポート
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月25日号
    4月11日発売
    東京五輪の主役候補を追え!!
    97~03年生まれ限定
    次世代タレント200選
    クラダイは名古屋&柏!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月18日発売
    2019年 夏の移籍マーケット
    「空前の大シャッフル」
    を読み解け!
    強豪15クラブはどう動く!?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ